エントリー

スポーツウォッチ、これはお値打ちで実用的なものです。

スポーツウォッチ、これはお値打ちで実用的なものです。

時計は価格差が大きいものですが、だからといって高価なものが少し安いものよりも優れていることが多いのです。 誰もが知っているカシオや、千円で良い時計としてよく挙げられるセイコー、シチズンなど、予算をオーバーすることなく千円前後でおすすめの時計はたくさんあります。

シチズン PROMASTERシリーズ BN0193-17E
型番:BN0193-17E
時計の直径:44.5mm
ケース厚:12mm
動き:光で動く
ムーブメント: E168
ケース素材:ローズゴールドメッキステンレススチール
防水性能:200メートル
レビュー:このシチズン・プロマスターは、ローズゴールドプレート仕上げのステンレススチールケースに直径44.5mmの大型ケースを採用し、タフな時計です。200m防水と回転ベゼルにより、ダイビングやスポーツで時間を正確に合わせ、安全を確保することができます。 文字板の時針、分針、秒針、そしてケースのファンクションリングのフルアワーと0時位置には夜光が施され、暗い場所でもはっきりと時刻を読み取ることができます。 人工光や自然光(あるいは微弱な光源)を利用して時計を動かすために必要な電力を供給することで、頻繁に電池交換をする必要がない光発電時計です。

カシオ計算機 G-SHOCKシリーズ GA-700SK-1APRS
型番:GA-700SK-1APRS
直径: 57.5*53.4mm
ケース厚:18.4mm
防水性能:200m
Watch Review:スタイリッシュな骨型ラインとクールなメタルミラーを際立たせる樹脂製の透明デザインを採用し、90年代のレトロと現代のストリートファッションを融合させた鮮やかなカラー要素を加え、ベゼルとベルトのカラーを強度差をつけて認識性を高めたカシオのウォッチです。 電池寿命は約5年で、200m防水、ワールドタイム、ストップウォッチ、カウントダウンタイマー、アラーム、フルオートカレンダーなど、便利な機能を幅広く搭載しています。

セイコー PROSPEX SNE537J1
型番: SNE537J1
直径:46.17mm
ケース厚:12.74mm
動き:光で動く
ムーブメント:V157
ケース材質:ステンレススチール、アルミニウム、プラスチック(特殊耐摩耗性炭素膜処理済み
防水性能:200mモデル

コメント:直径46.17mmのケースは、ステンレススチール、アルミニウム、プラスチック製で、特殊な耐摩耗性炭素膜処理が施されています。 キャニスターウォッチのクラシックなデザインにレトロスポーティな表情を加えたPROSPEXウォッチで、日常使いに便利な200m防水仕様です。 正確な時刻表示と装着感を実現するソーラー・クォーツムーブメントV157を搭載しています。

まとめ:上記の3つの時計は、それぞれ異なるスタイルを持っていますが、どれもこの価格帯では高品質で技術的にも素晴らしいものです

時計愛好家のための通勤の "達人"

時計愛好家のための通勤の "達人"

コミューターウォッチってどうなんだろう? 通勤用の時計は、「毎日つけても余裕のある時計」「消耗が気にならない時計」「あまり高価でないほうがいい」というモデル目線で考える人もいます。 また、通勤環境から考えて、職場で身につける時計は目立たない方がいい、何しろ「職場に便利」というには目立ちすぎる、と考える人もいます。 そこで本日の記事では、時計仲間の作品を参考に、比較的リーズナブルな通勤用腕時計を3つご紹介します!ぜひご覧ください。

ロンジン スポーツ L3.810.4.93.9
型番:L3.810.4.93.9
直径:40mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ムーブメント:L888.4
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
時計レビュー:以前、2021年総集編のカテゴリーで書いた記事で、ロンジン コンクエストが実力でリスト入りし、時計愛好家に大人気だったことを思い出してください。 しかし今日は、ロンジンのもうひとつの人気モデル、フォアランナーをご紹介します。 ロンジン「フォアランナー」は、飛行からインスピレーションを得た時計ですが、その形状はカジュアルにもフォーマルにも違和感がありません。 上記の時計は、40mmのスチール製ケース(42mmのバージョンもあり)に収められ、厚さは12.2mm、100m防水となっています。 両面無反射コーティングを施したサファイアクリスタル、ブルーの文字盤にサンドカラーの夜光針とアラビア数字、3時位置のカレンダー小窓、ベゼル内側のミニッツサークルが特徴です。 耐磁性、耐腐食性に優れたシリコン製ヒゲゼンマイを採用した自動巻きキャリバーL888.4を搭載しています。 ムーブメントはCOSC認定のクロノメーターで、約72時間のパワーリザーブを備えています。

クラウンブルーライオンスポーツコレクション SBGN003G
型番:SBGN003G
直径:39mm
ムーブメント:クオーツ
ムーブメント:9F86
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100m
コメント:時計愛好家の間では「満足のいく通勤時計」となっているこのクラウン ブルーライオン デュアルタイムは、39mmのステンレススチールケースで、厚さは12.1mmです。 ブラックの文字盤にオレンジのGMT針、シャープなポリッシュ仕上げの時分針は、「伝説の剣と魔法のような雰囲気」です。 3時位置にカレンダー絞りを配置し、内側のリングはブラックとホワイトでそれぞれ夜と昼を表し、ベゼルの数字は24時間目盛りを示しています。 この時計は、耐磁性に優れた9F86クォーツムーブメントを搭載しており、4軸独立構造により、時針を精度を損なうことなく独立して校正し、年差±10秒に抑えています。 この時計は、ステンレススティール製のブレスレットを装着し、100m防水を実現しています。

チュードルピジョン M79030b-0001
型番: M79030b-0001
直径:39mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:MT5402
ケース素材:316Lスチール
防水性能:200メートル
コメント:TUDORが2020年にこのネイビーブルーの時計を発表して以来、「ネイビーブルー」がフォーラムで共有され、議論されていますね。 サテン仕上げの39mmケース、レトロなバブルミラー、「スノーフレーク」針、大型リューズなど、「ベイサイド1958」のエッセンスを受け継いだクラシカルなデザインが特徴です。 ブルーの文字盤と同色の逆回転防止ベゼルには60分の数字が刻まれ、ベゼルの縁にはダイバーを意識した滑り止めの凹みがあり、水中での操作性を高めています。 アワーマーカーと針には夜光塗料が塗布されており、愛好家によれば、その夜光性と耐久性は「満足できる」ものだという。 TUDORオリジナルムーブメントMT5402を搭載し、非磁性シリコン製ヒゲゼンマイ、COSC認定クロノメーター、70時間のパワーリザーブを備えています。 この時計にはスティール製ブレスレットが装着され、200mの防水性を備えています。

まとめ:今日ご紹介した3つの時計は、いずれも時計愛好家が通勤用に選ぶのに適したものです。 2万元から3万元という価格帯は、職場で働く「社会人」の最初の通勤用腕時計として適しており、「低価格帯」は、あらゆる価格帯の腕時計をすでに持っているベテランの時計愛好家にとって、より「仕事に適した」腕時計といえるでしょう。 上記の3つの時計は、持っておきたい時計です。 この3つの時計のうち、あなたなら通勤用の時計としてどれを選びますか?

スウォッチとオメガの共同開発「ムーン・スウォッチ」を徹底解剖

スウォッチとオメガの共同開発「ムーン・スウォッチ」を徹底解剖

スウォッチ X オメガ ムーンスウォッチ」は、世界的なセンセーションを巻き起こしています。

しかし、ここ北京では、3.24(木)から3.27(日)までの数日間、「不思議な現実」を体験し、安定した気分で過ごしています。 世界的な「火事」に比べれば、北京は静かなものだった。 まず、この数日間、北京で体験したことをお話しします。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch(ムーンウォッチ)」。

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」の発売を発表したのに続き、「MoonSwatch」を発表。

3月24日(木)、北京のスウォッチ旗艦店の店員からWeChatで「26日に普通に発売されるから、とにかく並んで買ってください」と言われました。 お一人様2個までの購入とさせていただきました。

3月25日(金)、スウォッチ旗艦店の店員がWeChatで、集客を防ぐために販売を一時的に停止したことを知らせた。

3月26日(土)、スウォッチ旗艦店の店員がWeChatを送信し、新しいオンライン抽選ポリシーを知らせた。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch(ムーンウォッチ)」。

北京では販売が中止されましたが、週末に王府井に散歩に行きました。 王府井のスウォッチ旗艦店では、入り口に誰もおらず、王府井歩行者天国のスウォッチ旗艦店の巨大看板も共同ブランドのMoonSwatchに代わっておらず、すべてがいつも通り平穏で、まるでスウォッチXオメガ共同ブランドのMoonSwatchは現れていないかのようでした。

東方新天地に駐車していると、オメガのフラッグシップショップがあり、共同ブランドのMoonSwatchが展示されていたので、オメガに行き、11個入りのボックスの実物を見てきました。

 

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」(上)とウォッチボックス(下)

共同ブランドのMoonSwatch、オメガなのか、スウォッチなのか?

スウォッチです。

まず、共同開発されたMoonSwatchはオメガでは販売されておらず、ディスプレイウォッチの横にはスウォッチのみで販売されていることが小さく書かれている。

第二に、共同開発されたMoonSwatchの広告イメージは、文字盤にオメガのロゴを配した美しいものですが、実際の時計の質感や品質は、通常のスウォッチの時計と同じで、全く関係がないものであることです。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「ムーン・スウォッチ」、ベジタブル・セラミック・ケース。
スウォッチ X オメガの共同ブランド、BIOCERAMIC植物性セラミックを使用したMoonSwatch。 スウォッチが以前から採用しているボタニカルセラミックは、ヒマシ油とセラミックを配合したものです。 ひまし油はプラスチックの原料として使われており、フィトセラミックスはプラスチックとセラミックを組み合わせたものだという意見もある。 いずれにせよ、植物性セラミックスと、時計に使われる時計用セラミックスは別物である。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」ケースのディテール。

パネライやバンガードなどのオメガは、少なくとも46,000(バンガード セラミックケース マーク)のメトリック価格のセラミックケースのモデルで始まり、オメガのセラミックケースのスピードマスターは、最も低いメトリック価格の月のアポロ8、メトリック価格78300です。 Swatch植物セラミックはセラミックではない、と選手の間で論争がありますが、それは植物セラミックは、時計のセラミックではないことを確認しています。

 

オメガで最も安価なセラミックケースのスピードマスター「ダークサイド オブ ザ ムーン アポロ8号」の参考価格は78,300円です。

共同開発されたMoonSwatch、オメガのスピードマスターと最も似ているのはどこ?

このケースが一番似ていますね。

 

本物のオメガ スピードマスター(左)と、共同開発されたムーンスウォッチ(右)。

共同ブランドのMoonSwatchは、第4世代のスピードマスターのケース形状を使用しており、1861/3861マニュアルムーン・スピードマスターと同様に42mm、厚さ13.58mmであるため、オメガのスピードマスターに非常によく似ています。 オメガが1960年代後半から今日まで使用してきた第4世代のスピードマスターケース。 特徴としては、リューズ・クロノグラフ・プッシャー側にショルダーガードを設けた非対称ケース、ラグにねじれ角度をつけ、ポリッシュ仕上げ(スピードマスターはポリッシュ仕上げ、スウォッチの共同ブランドであるムーンスウォッチは非対称)にしていることです。

 

本物のオメガ スピードマスター(左)と、共同開発されたムーンスウォッチ(右)。

共同開発されたMoonSwatchは、第4世代のスピードマスターと同じスティック型の針を使用していますが、スウォッチらしいクォーツクロノグラフの文字盤で、6時位置にスモールセコンド、10時と2時位置にクロノグラフの文字盤があり、機械式時計と明確な区別がなされています。 また、共同開発した「MoonSwatch」は、アクリルガラスに小さなSをあしらったものを使用しています。

 

共同開発した「MoonSwatch」は、アクリルガラスで、ガラスの真ん中にSの文字が描かれています。

スウォッチ、オメガ、なぜ共同ブランドなのか?

スウォッチの視点:共同ブランドのMoonSwatchは、オメガの月面着陸用スピードマスターの歴史と名声を土台に、スウォッチを大きく後押しするものです。 プラスチック製の時計しか作らないというスウォッチのブランドイメージを変えることに貢献します。

 

共同ブランド「MoonSwatch

オメガの見解:共同ブランドのMoonSwatchとオメガ スピードマスターは非常によく似ていますが、共同ブランドのMoonSwatchは、結局のところ本物のオメガ スピードマスターではありません。 オメガは、共同ブランドのMoonSwatchによって、より多くの人々にスピードマスターを知ってもらい、いつの日か本物のオメガ・スピードマスターを購入してもらいたいと考えています。

 

電池カバーを背面に配置した共同開発モデル「MoonSwatch」は、異なる惑星をモチーフにしたデザインです。

オメガとの共同ブランドの後、スウォッチはスウォッチグループの他の時計でも同じことをするのではないかという憶測さえある。 スウォッチ・グループには、オメガのほかに、ブレゲ、ブランパン、ジャケ・ドロー、グラスヒュッテ・オリジナル、ロンジン、ラドー、ハミルトン、ミドー、ティソなど、多くの企業が名を連ねています。

 

共同開発したMoonSwatchは、ベルクロのストラップを採用しています。

スウォッチはかつてオメガを「救った」。そして今日、オメガはスウォッチの足を「引っ張っている」。

1970年代、日本のセイコーがクオーツ時計を普及させ始めると、クオーツ時計の低価格と精度は、スイスの機械式時計に大きな衝撃を与えた。 1977年から1983年にかけて、スイス時計の輸出は半減し、世界市場シェアは43%から15%に低下した。 スイス独自のクオーツ時計が開発されたものの、遅きに失していた。 スイスの有名な時計ブランド、ティソ、ロンジン、オメガが外国企業に買収される危機があった。

 

 

歴史的には、スウォッチの設計図面。

スイスのSMH社(現在のスウォッチ・グループの前身で、ティソ、ロンジン、オメガがSMH社に属していた時代)は、スイス時計産業を救うため、日本のクォーツ時計に対抗して、革新的な素材を使い、構造がシンプルで安価な時計、スウォッチ・ウォッチを開発することを決めたのです。 スウォッチという名前は、スイスの時計を意味するSwissWatchと、新素材であるプラスチックを組み合わせたものである。

 

 

 

共同開発した「MoonSwatch

スイスのSMH社は、ETA社のムーブメント工場からスタッフを引き抜き、研究開発チームを結成してスウォッチ・ウォッチを開発した。 スウォッチの時計は、ケースにプラスチックを使用し、ケースバックにはクオーツムーブメントの部品と電池を直接取り付けています。ケースとムーブメントは一体型で、従来の別体のムーブメントはなく、これによりムーブメントの部品点数が大幅に削減されました。 従来の時計のムーブメントには少なくとも91の部品がありますが、スウォッチには51しかありません。 スウォッチの時計が目指すのは、大量生産が容易なこと。 スウォッチは、文字盤の6時位置の真上に英語で「SWISS, Swiss」と表記し、一目でスイス時計であることがわかるようにしました。

 

 

 

共同開発した「MoonSwatch

1983年、スウォッチ腕時計の一般販売が開始された。 スウォッチはすぐにヒットしました。 スウォッチの時計は発売から21ヶ月で350万個も売れたという数字もある。 スウォッチ時計の成功は、スイス時計業界はもちろん、その親会社であるSMH(現在のスウォッチグループ)を救い、その後のスウォッチグループによるブレゲ、ブランパン、FPムーブメント工場、レマニアムーブメント工場などの買収を確実なものにしました。

パテック・フィリップの2022年新モデルは "傑作"

パテック・フィリップの2022年新モデルは "傑作"

パテックフィリップは、ジュネーブで最も古い独立系家族経営時計ブランドとして、手作業による洗練された時計作りに取り組んでいます。 先月、パテック・フィリップはブランド初の10分の1秒クロノグラフ、REF.5470P-0011/10秒シングルプッシュ・クロノグラフを発表したばかりです。 数々の技術革新と7つの新特許を取得して開発・生産されたこの時計、まだその実力を実感していない方は、動画でその詳細を確認し、その技術力の高さに驚いてみてください

PlayVideo
パテックフィリップの2022年新モデルは "傑作"

ここでは、グラフィック版をご紹介します。
こんにちは。今日ご紹介する時計は、時計界の中で、他の追随を許さない最強のクロノグラフです。 この時計の細部をじっくりと見ていくと、その技術的な精巧さに息をのむほどです。 こちらもパテックフィリップの "名作 "である「1/10秒クロノグラフ5470」です。

 

パテックフィリップ 5470

機械式ムーブメントの基本構造は複雑ではなく、どのムーブメントでも基本的に同じです。 しかし、さまざまな機能を実現するためには、細かな問題、あるいは極めて微妙な問題がいくつもあります。 例えば、歯車が正確に噛み合っているか、針がスムーズに動き出すか、伝達トルクは安定しているか、などです。 これらは時計の機能にあまり影響を与えない小さな問題であり、ほとんどのブランドはその解決にあまり力を注いでいません。 しかし、ごく少数のブランドは、これらの最も小さな機械的な問題を完全に解決するために多大な労力を費やし、この目的のために多くの新しい技術構造を開発してきました、すなわち、パテックフィリップです。 そして、それを具現化した最新作が「5470クロノグラフ」です。

 

 

パテックフィリップ 5470

パテック・フィリップは、なぜ「5470クロノグラフ」を発売したのでしょうか?

5470はパテック・フィリップ初の1/10秒クロノグラフで、毎時36,000振動の振動数を誇る。

実際、1/10秒のクロノグラフは、時計製造の世界では珍しいことではありません。 ゼニスのクロノグラフムーブメント「エルプリメロ」、ブランパンのクロノグラフムーブメント「F385」、グランドセイコーの「クラウン・ブルーライオン9Sコレクション」、いずれも振動数は毎時36000振動、精度は1/10秒である。

 

ゼニスのフラッグシップムーブメントで、振動数36,000、1/10秒のクロノグラフを搭載しています。

しかし、ひとつ問題が生じます。同じくセンターに秒針を持つ1/10秒計の多くは、60秒で1回転し、ムーブメントは1/10秒の精度で動くものの、肉眼ではそれを確認することができないのです。 以前、ゼニットではこの問題の解決に取り組んでいました。 そして今、パテックフィリップは、1/10秒の精度で文字盤から直接見ることができるクロノグラフを作り、その仲間入りを果たしたのです。 技術的な繊細さは今までにないもので、これが5470です。

 

ブランパン フィフティ ファゾムス バチスカーフ クロノグラフ、こちらも36000振動、1/10秒のクロノグラフ。

パテックフィリップ5470の文字盤の中央には、2本の秒針があります。 赤と白(オフホワイト)各1枚。 クロノグラフを作動させると(ケースの2時位置にあるのはクロノグラフのプッシュボタン)、白い針は60秒で1回転する通常のクロノグラフ秒針、赤い針は12秒で1回転する10分の1秒クロノグラフ針で、赤い針ほど速くなります。 白い針は「秒」、赤い針は「秒の端数」を表します。 例えば、6.8秒の場合、白い針は6秒を、赤い針は0.8秒を表します。

 

パテックフィリップ5470では、白い針が「秒」を示しています。

パテックフィリップ5470の文字盤で1/10秒を読むにはどうしたらよいのでしょうか?

そして、これの時刻の読み方はどうなっているのでしょうか? 赤い針で時間を読むのは、実はとても簡単です。5470の文字盤には12個の赤い目盛りがあり、赤い目盛りの間には10個のマスがあり、これは1/10秒を表しています。 あとは、赤い針が最初のグリッドで何秒になっているかを見て、それが0秒であることを確認すればよいのです。 赤い針が文字盤のどこにあるか気にせず、手前の一番近い赤い目盛から逆算して、最初の数マスが1秒の端数です。

 

パテックフィリップ5470の赤い針は、「ゼロ秒」を示しています。

試しに、何秒と表示されているのか、下のグラフを見てみてください。

 

はい、54.7秒です。 白い針が54を過ぎて55に近づいているのがわかります。赤い針は手前の赤い目盛りから逆算すると、7番目のグリッドで0.7となり、54.7秒と足し算されます。

また、下のグラフが示す秒数は何秒でしょうか? はい、17.9秒です。 白い針は17秒の後、ほぼ18秒になっていることがわかります。赤い針は、手前の赤い目盛から逆算して9マス目にあり、0.9となり、17.9秒と足し算されるのです。

 

図では17.9秒と表示されています。

時計の読み方が語られましたが、この方法を使って、これは何秒なのか、最後に表がありますので、コメントで答えを教えてください!。

 

簡単そうに見えて、基本的な動作の原理はわかりやすいのですが、やはり実現するのは難しい。

5470はパテックフィリップのCH29シリーズの手巻きクロノグラフムーブメントを使用しています。もともとキャリバーCH29は毎時28,800振動でしたが、5470では1/10秒の36,000振動にアップしています。 ムーブメントにはCH29-535PS1/10の特別な番号が付けられています。

 

 

パテックフィリップ5470に採用されているクロノグラフムーブメントCH29-535PS1/10。

5470には1/10秒の赤い針が追加されているため、パテック・フィリップはCH29の通常のクロノグラフホイールシステムに1/10秒の赤い針を制御するためのホイールシステムを重ね合わせた。 重ねた1/10秒の歯車は、4つの歯車に直接取り付けられています(つまり、クロノグラフホイールシステムの秒車)。この4つの歯車は、水平方向にクラッチする巨大な「タコ足」クラッチギアを介して中央の赤い針を駆動し、スタート/ストップを可能にしています。

 

パテックフィリップCH29-535PS 1/10秒クロノグラフムーブメント、スタック構造。

 

1/10秒クロノグラフ、伝送関係。

簡単そうに見えて、細かい作業が続く。 ハードコアの登場です。

1.重ね合わせた1/10秒のホイールシステムには、巨大な「タコ足」クラッチギアが使われています。 ギアが大きくなると、走行イナーシャが大きくなり、かみ合わせのショックも大きくなります。 スムーズな伝達のために、パテック・フィリップは「オクトパス」クラッチギアを駆動するために弾力性のあるギアを使用しており、そのスポークは柔軟性があり、リソグラフィによって作られています。

 

パテックフィリップ CH29-535PS 1/10th of a secondクロノグラフムーブメント、1/10th of a second機構の詳細。

2.ムーブメントの中央にある1/10秒の歯車と噛み合う「オクトパス」クラッチギアが、1/10秒の赤い針を駆動します。 しかし、ムーブメントの中央にある1/10秒の歯車が1.46mmと極めて小さいのに対し、「タコ」歯車は巨大である。 パテックフィリップは、クロノグラフのスタート時に片方の歯車ともう片方の歯車が噛み合わないことを防ぐために、2つの衝撃防止レバーを備えた「安全機構」を設計し、噛み合う角度がずれても噛み合うようにしました。 同時に、タイミング機構を制御するコラムホイールにバネ仕掛けのフックを引っ掛け、かみ合わせを成功させ、分離させないようにしています。

 

パテックフィリップCH29-535PS 1/10クロノグラフムーブメント、安全機構の詳細。

3.4輪(ゴーイングセコンドホイール)に重畳する全ての1/10秒車システム。 1台の4輪でこれだけの車輪系を扱うには無理があった(トルクが足りない)。 ムーブメントのトルクを高めるため、パテックフィリップは香箱の中心軸を細くし、香箱の長さを長くすることで香箱を強化した。 また、5470にはパテックフィリップの王道技術である「先進技術研究プロジェクト」ジャイロマックス・シリコンテンプホイールが採用されていますが、これは「先進技術研究」5550Pに採用されていたもので、一般向けには発売されていないものです。 蝶の形をしたシリコン製テンプは、非常に軽量で消費電力が少なく、ムーブメントの動作効率を高め、4つの歯車のトルクを増加させます。

 

パテックフィリップ ジャイロマックスシリコンバランスホイール

4.5470の1/10秒の赤針は、シリコン製で、赤い塗料が塗られています。 金属針に比べ約3.5倍の軽量化を実現したシリコン針は、走行、停止、ゼロ点調整などの消費電力を抑えることができます。

 

パテックフィリップCH29-535PS1/10クロノグラフムーブメント、技術的なコンポーネントの概要。

これだけの技術部品が、時計のサイズに全く影響を与えないというのは、さすがとしか言いようがありません。

パテックフィリップは1/10秒クロノグラフを実現するために、5470にこれだけの技術を投入したのですが、それがベストとは言えません。 何しろゼニスは、1/10秒クロノグラフ(デフィー21)はもちろん、1/100秒クロノグラフも量産しているのだ。

 

ケース2時位置にクロノグラフのプッシュボタンを配置したシングルボタンのクロノグラフ「パテックフィリップ5470」。

パテックフィリップが5470を開発する際、時計のサイズを大きくしてはいけないという要求があった。 本来は二重銃身でもう一本追加されるはずだったが、サイズの都合上、一重銃身を堅く守ったという資料もある。

 

ケースの6時位置の下にある小さなダイヤモンドは、パテック・フィリップのプラチナ・ウォッチの証しです。

そのため、パテックフィリップは香箱を再びアップグレードし、完全なテンプ脱進機を交換し、1/10秒の部品の構造を最適化します。 5470の1/10マニュアル・クロノグラフ・ムーブメントCH29-535PSは29.6mmで、厚さ6.96mmと適度なサイズに収められています。 極めて複雑でコンパクトな構造でありながら、48時間のパワーを保証しています。 ムーブメントはパテックフィリップのトップレベルを維持するためにポリッシュ仕上げと装飾が施され、パテックフィリップシールが要求する-3/+2秒をキープしています。

 

どこまでも薄いバーゼルワールドの超薄型腕時計のススメ。

どこまでも薄いバーゼルワールドの超薄型腕時計のススメ。

超薄型時計の発表は、時計ショーのハイライトとなることが多い。 今年初めのジュネーブ時計見本市で、ピアジェは超薄型機械式時計の最高峰とされるムーブメントとケースを搭載した世界最薄のローズゴールド製手巻き機械式時計を発表しました。 バーゼルワールドでブルガリは、最も薄い自動巻き機械式時計を発表し、世間の注目を集めました。

ブルガリ オクト 102711
直径:40mm
時計の厚さ:5.15mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:チタン
防水性能:30メートル
ウォッチレビュー:常に革新と躍進を目指すブルガリは、これまで数々の世界記録を塗り替えてきましたが、今回のバーゼルワールドでは、現在市販されている中で最も薄い自動巻き腕時計を発表しました。 40mmのチタン製ケースとシルバーグレーの文字盤に、ブラックPVDコーティングを施した針とインデックスを配し、シルバーグレーの文字盤とのコントラストでスタイリッシュな外観と時刻の読み取りやすさを実現しています。 チタン製ピンバックル付きアリゲーターストラップを装着し、厚さわずか2.23mm、60時間パワーリザーブの自動巻きムーブメントCal.BVL138を搭載しています。

ショパールL.U.C. 168592-3001
時計の直径:40mm
時計の厚さ:7.2mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:今年のバーゼルワールドでショパールL.U.Cコレクションに新たに加わったこのモデルは、厚さわずか7.2mmの40mmスティールケースとシルバーカラーの文字盤に縦のサテン装飾を施した超薄型の時計です。 文字盤にはブルーのアラビア数字とブルーのロケットチップの剣型時針・分針が配され、ブルーのカシミアストラップの色合いと呼応しています。 柔らかいカシミアのストラップの裏地には、手縫いのブラウンクロコダイルレザーを使用し、快適でスタイリッシュな装着感を実現しています。 超薄型自動巻きムーブメントCal.96.53-Lを搭載し、58時間のパワーリザーブを備えています。

ミドーベレンスリー M027.407.22.010.00
直径:39mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:PVDローズゴールドプレーテッドステンレススチール、ゴールドインターレイヤー
防水性能:30メートル
コメント:ミドーから「ベレンセリ・コレクション ローズゴールド インターゴールド ウルトラシン」の新作がカップルウォッチとして登場します。 このメンズウォッチは、39mmのPVDローズゴールドプレーテッドステンレススチールケースに、ホワイトギョーシェ文字盤を備えています。 文字盤の3時位置には日付窓、6時位置には「Baroncelli Heritage」のロゴが刻まれています。 この時計には、第二の肌のように快適なPVDローズゴールドコーティングのインターロッキングゴールドブレスレットが装着されています。 機械式自動巻きキャリバー「メド」Cal.1192を搭載し、42時間のパワーリザーブと30m防水を備えています。

超薄型ムーブメントや時計の開発は、ブランド間の競争ではなく、ブランド自身が常に挑戦し、ブレークスルーしていくものなのです。 超薄型の時計は、見た目の美しさだけでなく、軽くて装着しやすいのが特徴です。

良心と論争 新作「チュードル ヘリテージ ブラックベイ クロノ」。

良心と論争 新作「チュードル ヘリテージ ブラックベイ クロノ」。

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 TUDORとBREITLINGのパートナーシップによるムーブメントの交換は、最近の時計製造の中で最も興味深く、議論を呼んだ出来事の一つである。 ブライトリングは自社製クロノグラフムーブメントB01をTUDORに供給し、TUDORは新型Heritage Black Bay ChronoのクロノグラフムーブメントMT5813として採用、TUDORは自社製大型3針ムーブメントMT5612をブライトリングに供給し、ブライトリングは新型Heritage Black Bay ChronoのB20として採用している、というように、まず簡単に説明しましょう。 SuperoceanHeritage IIの腕時計。 このパートナーシップについては、ブライトリングよりもチューダーが注目されており、チューダーがヘリテージ・ブラックベイクロノ・クロノグラフにブライトリングB01を採用したことが、世界中の時計愛好家の間で賛否両論の重要なトピックになっています。 そして当然、この話題を見逃すわけにはいかなかった。 今回は、チュードルのクロノグラフの「良い面」と「悪い面」を紹介し、多くの方が気になる疑問のひとつ、「なぜチュードルはロレックスのムーブメントを使わないのか」を解説します。 さあ、どうぞ。

 

 

最近、時計界で話題になっているのが、ブライトリングが供給するクロノグラフムーブメントB01(チューダー番号MT5813)を搭載した新作「チューダー ヘリテージ ブラックベイ クロノ」です。
ムーブメントの買い取りからスタートしたチュードルは、当たり前のようにブライトリングのムーブメントを使っています。

ロレックスは高価であり、より多くの人に良質の時計を提供するためにチューダーが誕生したのです。 チュードルがロレックスより安いのは、チュードルが外注ムーブメントを使っていることが大きな理由です。 チュードルは、初の自社製ムーブメントMT5621/5612を発表した2015年まで「太古の昔から」外注ムーブメントを使用しており、チュードルの伝統である外注ムーブメントの使用は至極当然であると、私たちは躊躇なく言えます。 TUDORは外注ムーブメントから始まり、逆に自社ムーブメントを使うことが「新しい」のであり、その観点からすれば、TUDORがブライトリングB01ムーブメントを使うことは当然である。

 

ブライトリングのクロノグラフに採用されているB01クロノグラフムーブメント。

チューダーはムーブメントのアウトソーシングに長い歴史を持っています。 この後、TUDORの外注ムーブメントの歴史について、"時代を超えて "記事を書く予定です。 とりあえず、TUDORの近況を見てみよう。 2015年までTUDORはETA社の外注ムーブメントのみを使用しており、「ブラックベイ アックスニードル」はカレンダーなしのETA2824ムーブメント、「ペラゴス チタン アックスゴースト」はカレンダー付きのETA2824ムーブメント、「ヘリテージクロノグラフ キャットフェイス」はデュボア・デプラ社のクロノグラフモジュール付きETA2892ムーブメントを使っています。 2015年以降、「チュードル ペラゴス チタニウム アックスゴースト」はカレンダー付き自社製キャリバーMT5621を、新作「ノースフラッグ」はカレンダーパワー表示付きMT5621を、2016年からは「ブラックベイ アックスハンド」にカレンダーなしバージョンMT5602のムーブメントを採用。 以来、アックスニードルを中心に、チュードルの時計の多くは自社製ムーブメントを採用している(なお、ブラックベイ36/41は現在も2824を採用している)。 さて、TUDORはHeritage BlackBayChronoの軸針クロノグラフにブライトリングのB01ムーブメントであるMT5813を採用しています。

 

 

チュードルの新しい自社製キャリバーMT5621/5602は、自動巻きの大型3針ムーブメントです。

チューダー社の産業界の良心

2万円前後の価格では、いつもチューダーが一番おすすめです。 なぜなら、チューダーの品質と価格は適正だからです。 お金の話をしないで時計の話をするのはフーリガンだから、お金の話をしよう。 独自のムーブメントを使用したチューダーアックスハンドは、国内の公定価格が未確定であるため、既知の海外価格を基準としています。 私が知る限り、自社製ムーブメントMT5621を搭載した新しいTUDOR BLACKBAY Axe Needleは、ETAムーブメントバージョンよりわずか200ユーロ高いだけです。 時計の年間値上げを考慮すると、実勢価格は200ユーロ以下(1,492元以下)となる。 チュードルの新ムーブメントMT5621/5612は、70時間のパワー(2824は38時間のみ)、シリコン製ヒゲゼンマイの採用(耐磁性の強化)、非計算マイクロアジャスト・テンプ(精度向上)、新内蔵ムーブメントのクロノメーター認定(チューダー初のクロノメーター認定)という点でETAからアップグレードされています。 アップグレードは明らかで、ETAムーブメントの時よりも多くのものを得ることができます。

 

チュードルのMT5602ムーブメント(左)とブライトリングに供給されたMT5602ムーブメント(右)の間には、同じムーブメントでありながら装飾が異なり、ブライトリングの方がより精巧に作られていることがわかる。

ブライトリングのキャリバーB01を搭載したTUDOR Heritage BlackBayChronoのアックスハンド・クロノグラフに注目します。 ブライトリングムーブメントを搭載した「チュードル アックスハンド クロノグラフ」の海外価格は、現在4,440ユーロです。 チュードルのアイコンであるヘリテージクロノのキャットフェイス・クロノグラフは、現在4,150ユーロですが、ブライトリングのムーブメントが搭載されたことにより、わずか290ユーロ(2,164人民元)の値上げになりました。 ブライトリングのB01ムーブメントは、一体型クロノグラフムーブメント(以前はチュードルキャットフェイスがモジュラームーブメントを使用していました)、70時間のパワーリザーブ、非計算マイクロアジャスタブルテンプ、シリコン製ヒゲゼンマイ、クロノメーター認定を獲得しています。 同時に、TUDORはロレックスと同様に無垢のケースバックを採用してきたため、TUDOR MT5813クロノグラフムーブメント(ブライトリングB01)の搭載により、装飾仕上げの一部を簡素化し、価格をさらに抑制しています。 ブライトリングのクロノグラフムーブメントB01を使用したチュードルのクロノグラフは、デュボア・デプラのクロノグラフモジュールであった2892ムーブメントを大きく上回る性能スペックを備えています。

これはチューダーの良心で、コストをかけずに多くの改良が施されています。

 

ブライトリングB01ムーブメントのチューダー版であるクロノグラフムーブメントMT5813は、ブライトリングB01ムーブメントにチューダー特有の改良を加え、テンプ、ヒゲゼンマイ、ローターを交換したものを見ることができます。

そして、なぜTUDORがブライトリングの強力なクロノグラフ・ムーブメントを斧の針に採用したのかが、すべての議論の中心となっています。

このTUDOR Heritage BlackBayChrono軸針クロノグラフがバーゼルワールドで初めて紹介されたとき、フェア後の期間には異なる見解を示すプレイヤーもいた。 TUDOR BlackBay Axe Handは、TUDORの歴史上でも、リニューアル後でも、TUDORのダイバーズウォッチを象徴する存在であるという意見もありました。 今回、ヘリテージ ブラックベイクロノ アックスハンドクロノグラフの登場により、TUDORはダイバーズウォッチにプロフェッショナルなクロノグラフ機能を追加しました。 ダイバーズウォッチにしかない逆回転防止ベゼルの代わりに、ベゼルに刻印されたタキメーターリングを採用しています。 しかし、斧針を含む時計の文字盤は、TUDORのダイバーズウォッチの特徴である。 プロフェッショナル・タイムキーパーとプロフェッショナル・ダイビングを一緒にしても、これらのプレーヤーは納得しない。 また、「Heritage BlackBay Chrono」の発売により、TUDORの時計における「Axe Hand」コレクションの独占状態がさらに悪化し、TUDORの時計が「Axe Hand」の時計になってしまい、他のTUDORコレクションの展開が限定されることが懸念されています。 この考えを持つ人は、TUDORが得意とするクロノグラフ「キャットフェイス・クロノグラフ」にブライトリングのムーブメントを採用すべきだったと考えています。

 

チュードルのMT5813クロノグラフムーブメント(左)と、ブライトリングのB01クロノグラフムーブメント(右)にチュードルが施した調整がよくわかるようになっています。

これらの指摘はすべて正しいと思います。アックスハンドは今や、何と言ってもチュードルが世界で最も注目している時計であり、アックスハンドに新しいムーブメントを搭載したモデルを発売するのは理にかなっています。 また、ブライトリングムーブメントのクロノグラフをキャットフェイスで発売するのは、実に理にかなった良い選択だと思います。 しかし、2020年がTUDOR HeritageChrono chronograph(猫顔クロノグラフ)の50周年であることを考えると、TUDORは50周年に向けて「大きな動きを控えている」のだろう。 そのため、ブライトリングが供給した新しいムーブメントは、キャットフェイス・クロノグラフには採用されなかった可能性があります。

 

チュードル ヘリテージ クロノブルー キャットフェイス クロノグラフ、チュードルはこのクロノグラフに斧針ではなくブライトリングB01ムーブメントを使用すべきだったという議論もあります。

では、なぜチュードルはロレックスのクロノグラフムーブメントをパクらなかったのだろうか?

ブライトリングのB01ムーブメントは、ロレックスの4130ムーブメントと「関連」しています。 ブライトリングはロレックスの4130キャリバー開発チームを引き抜き、4130をベースにしたB01ムーブメントを開発したのです。 したがって、ブライトリングB01は、構成および技術仕様の点でロレックス4130と同じである。 では、なぜTUDORは、「同じ」ムーブメントであるにもかかわらず、ロレックスから直接ムーブメントを取り寄せなかったのだろうか。 その理由は2つある。1つは、TUDORから直接ロレックスのムーブメントを使うと、TUDORの時計のコストがかなり上がってしまい、価格が上がってしまうからである。 ブライトリングのB01ムーブメントは、最終的な価格のコントロールを容易にした(結果的に、チューダーはそれをうまくコントロールした)。 もうひとつの重要な理由は、チューダーがロレックスのムーブメントを使用することで、ロレックスのブランド価値に影響を与えるということである。

このTUDORとブライトリングのムーブメント交換事件から、ブライトリング自体のブランドポジショニングがTUDORよりも高いことがわかるが、この事件ではTUDORがブライトリングの影に隠れて世界中のプレイヤーの注目を集める完全な主役となったのである。 ここ数年、チューダーのブランドポジションが上がり、オメガに追いついたことは周知の事実であり、チューダーの人気モデルでも、すでにオメガのメインストリームに匹敵するものがあるのだ。 チューダーというものに興味を持たれた方、そしてすでにチューダーを手にされている方、価値が上がっているチューダーに全幅の信頼を置いてください。

高価格帯のメンズクロノグラフおすすめ3選!

高価格帯のメンズクロノグラフおすすめ3選!

クロノグラフは、時計製造において最も人気のある機能のひとつであり、それだけに関心も高い。 時間を知るだけでなく、計測することもでき、時計とのインタラクションがすべてを左右します。 この度、ウォッチライブラリーに追加された、一味違うクロノグラフの魅力を体験できるハイバリューなメンズクロノグラフ3本をご紹介します!

タグ・ホイヤー カレラ CAR2A91.BH0742
直径:45mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:モジュラーセラミックケース
防水性能:100メートル
時計コメント:全体がマットブラックのセラミック製で、保護ケースからベゼル、ボアホールまですべて傷のつきにくい素材でできているため、安心して使えるスポーツウォッチです。 セラミック製のスケルトンダイアルには3つのカウンターがあり、手作業で施されたサテンとポリッシュのインデックス、ポリッシュとサンドブラスト仕上げの時針と分針は、すべてブラックの夜光マーカーで、暗闇でもはっきりと読み取ることができるようになっています。 また、文字盤にはグレーで「CARRERAHEUER01」「CHRONOGRAPH」「AUTOMATIC」と刻印され、その中に 反射防止加工を施したサファイアクリスタルを採用し、時の流れに立ち向かう勇気のある人のための時計です。 また、ブレスレットはセラミック製で、軽いだけでなく、手触りも良いのが特徴です。 一日中装着していても、高い快適性を維持します。 自動巻きムーブメント「キャリバーHEUER-01」を搭載し、50時間のパワーリザーブを備えています。

ユリス・ナルダン ダイバー 1502-151-3/93
時計の直径:44mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:ラバー
防水性能:300メートル
コメント:直径44mmのユリス・ナルダン製ダイバーで、ラバーケースにブルーの一体型回転ベゼルを備えています。 ブルーの文字盤に30分積算計、12時間積算計、スモールセコンドカウンターを備え、実用性の高いクロノグラフでありながら、18Kピンクゴールドのねじ込み式リューズで安全性を確保しています。 18Kピンクゴールドのフォールディングクラスプ付きラバーストラップが、高貴でエレガントな雰囲気を醸し出しています。 キャリバーUN-150を搭載し、自動巻きで300m防水を実現しています。

パルミジャーニ トンダ PFH282-1202400-HA4041
ウォッチコレクション:トンダ
時計の直径: 42.1 mm
ケース厚:14.6mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:18Kホワイトゴールド
防水性能:30メートル
時計コメント:このパルミジャーニ トンダの時計は、18Kホワイトゴールド製のケースを使用しています。 スネイルダイヤルには、クロノグラフ、スプリットセコンドディスク、日付窓が配され、多機能で実用的なモデルとなっています。 ブラウンのアリゲーターレザーストラップが、ヴィンテージな雰囲気を漂わせています。 この時計は、振動数5Hz(毎時36,000振動)、水平クラッチの代わりに垂直クラッチ、シングルアームブリッジの代わりにトランスバースブリッジで固定されたテンプなど、最先端の技術革新を備えたPF361モデル系列ムーブメントを搭載しています。 これらの機能強化により、ムーブメントの精度、信頼性、安定性、堅牢性が向上しています。 パワーリザーブは最大65時間です。

結論として、このクロノグラフはスピードと情熱を完璧に表現しており、スポーティな男性には堪えられない時計モデルです。 このクロノグラフのユニークな機能とデザイン、そして時計製造の技術力とエレガントな美学が融合し、腕の上でテストステロンを発散させるでしょう

素晴らしい8日間。 8日間のブレスレットのおすすめポイント3つ。

素晴らしい8日間。 8日間のブレスレットのおすすめポイント3つ。

パワーリザーブインジケーターは、時計を動かすのに必要な電力の残量を正確に表示する文字盤上の機能です。 もう、時計を巻き上げるのを忘れて止めてしまうこともありません。 パワーリザーブが長ければ長いほど、その心配は少なくなります。

ジャガー・ルクルト オーバーターン Q3048420
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
ウォッチレビュー:ジャガー・ルクルト オーバーターンは、ジャガー・ルクルトの定番コレクションであり、そのユニークなデザインと巧みな細工は、人々がそれを追求する人気の理由になっています。 このジャガー・ルクルトの腕時計「オーバーターン」は、スチール製のケースとブラウンのアリゲーターレザーストラップを備えています。 リュウズはスチール製で、30m防水です。 文字盤の2時位置にはデイ/ナイト表示、5時位置にはムーンフェイズ表示、10時と11時位置にはパワーリザーブ表示を備えています。 このジャガー・ルクルトのオーバーターンは、最大192時間のパワーリザーブを備えており、1週間の休暇をとっても、時計が止まる心配はありません。

UPI ポートフィノ IW510103
ケース径:45mm
ケース厚:12mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
ウォッチレビュー:ポートフィノ・コレクションは、同じくミニマルなポルトギーゼ・コレクションよりも丸みを帯びたケースを持ち、この8日間のブレスレットも有名です。 丸みを帯びたスチールケースにブラウンのアリゲーターレザーストラップは、エレガントで余裕のある印象を与えます。 ゴールドのインデックスと針を備えたエレガントなホワイトダイヤルには、3時位置に日付表示窓、6時位置にスモールセコンド、9時位置にパワーリザーブインジケーターがセットされています。 裏蓋はサファイアガラスで覆われ、手巻きムーブメントCal.59210を搭載、192時間のパワーリザーブを備えているので、忙しい時でも時計が止まる心配はありません。

パネライ ルミノール1950 PAM 00233
ケース径:44mm
ムーブメント:手動機械式
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:100メートル
レビュー:パネライはプレミアムスポーツウォッチブランドとして大成功を収めています。 このパネライ ルミノール1950も8日間のブレスレットウォッチで、そのタフな外観は十分に印象的です。 ステンレススチールケースとブラックレザーストラップ、そして独自のリューズガードブリッジにより、タイトで堅牢なケースを実現し、100m防水を実現しています。 ブラックのラウンドダイヤルには、ホワイトのインデックスとシルバーの針、3時位置に日付表示窓、6時位置に「8日間」と記されたパワーリザーブ表示、9時位置にデュアルタイム表示窓、12時位置に英語とGMT表示のパネライのブランドロゴが配されています。 手巻きムーブメントCal.P.2002は、最大192時間のパワーリザーブを備えています。 休日は、腕時計を巻いて、安心して移動時間を楽しむことができます。

結論:時計の世界では、機械式時計は電池交換の必要がないにもかかわらず、巻き上げが非常に面倒だと思われています。 機械式時計のパワーリザーブは一般的に48時間以内、72時間以上は長時間時計とされています。 本日は、機械式時計として最も実用的な機能を備え、特に超ロングパワーがより必要と思われる手巻き機械式時計において、自発的な選択として最適な、この3つの超ロングパワーリザーブ時計をお勧めします。

チュードルのムーブメントを搭載したブライトリングウォッチとは?

チュードルのムーブメントを搭載したブライトリングウォッチとは?

前置きはこのくらいにして、早速本題に入りましょう。 少し前の記事で、TUDORとブライトリングのムーブメント交換における協力関係を紹介し、TUDORの外注ムーブメント使用の歴史を調べ、TUDORがブライトリングムーブメントを使用することがTUDORの歴史的伝統に則っていることを証明するために数回に分けて紹介しました。 このように、この件に関する国内の報道や分析は、ほとんどすべてチュードルに集中しており、ブライトリングの状況にはほとんど注意が払われていないのが現状です。 これでは意味がないと思うので、今日したいのは、このコラボレーションでブライトリングがどうなっているかを紹介することです。 チュードルのヘリテージ ブラックベイ クロノグラフ(ブライトリングB01ムーブメント搭載)はよくわかったので、ブライトリングがチュードルのムーブメントとどんな時計なのかを見てみましょう。

まず、ブライトリングがTUDORに自社のクロノグラフムーブメントB01を供給し、TUDORがブライトリングに自社の自動巻きムーブメントMT5612を供給していることは周知のとおりである。 チュードルのムーブメントを搭載した時計は、ブライトリングの「Superocean Culture Diver」です。

 

1959年に製造されたブライトリングのダイビングウォッチ「Superocean」。

 

歴史的なスーパーオーシャンと新しい現代的なスーパーオーシャン・カルチャーのダイバーズウォッチを比較。

ブライトリングといえば、ナビタイマー・クロノグラフに代表されるフライング・クロノグラフを思い浮かべるのが普通です。 しかし、実際にはブライトリングのダイビングウォッチの歴史は長く、些細なことにこだわらなければ、ブライトリングのスーパーオーシャンは、ロレックスのサブマリーナ、オメガのシーマスター300、ブランパンのフィフティ・ファゾムスと並ぶ、当時4番目に特殊なダイビングウォッチと言えるでしょう。 史上初のダイバーズウォッチは誰かという問題は議論されてきましたが、結論としては、ロレックス、オメガ、ブランパンという3つの同時代人がいるに過ぎず、1957年に登場したブライトリング・スペローシャンも明らかにダイビングウォッチの最先端を走っており(オメガ・シーマスター300と同じ年に誕生)、回転ベゼル(逆回転防止ベゼルは、当時は ブランパンの特許で、他のダイバーズウォッチにはない)、ルミナスハイビジョン、高防水性など。

 

普段からよく目にするブライトリングのダイバーズウォッチ「Superocean」。

今日、ブライトリング・スーペルオーシャンは、プロフェッショナル用ダイビングウォッチとして、ロレックス・アクアタイマー、オメガ・シーマスター、ブランパン・フィフティ・ファゾムスのような影響力がないことは否めません。 しかし、このことはブライトリング スーパーオーシャンのコストパフォーマンスの良さを妨げるものではありません。 ブティックでも中古市場でも、知名度が高く堅牢なブライトリングのダイビングウォッチを非常にリーズナブルな価格で手に入れることができます。 ブライトリングのダイバーズウォッチはそれまですべてETA社のムーブメントを使用していましたが、ブライトリングにはクロノメーター認定があるため、ムーブメントに関して欠点はありません(私はETA社のムーブメントは非常に優れていると考えています)。 しかし、ロレックス・アクアタイマーの3135、オメガ・シーマスターの8500/8400、ブランパン・フィフティ・ファゾムスの1315/1150のムーブメントと比べると、ブライトリング・スーパーオーシャンだけが自社ムーブメントではなく、汎用ムーブメントを使っていることも分かる。 このため、ブライトリングのスーパーオーシャンは、ムーブメントの構成という点で技術的な特徴を欠くことになります。 また、現状から見ると、ETA社製のユニバーサルムーブメントの最大の問題は、その動力の短さです。 他の自社製ムーブメントが60時間、70時間、あるいは120時間程度のパワーを発揮することが多い中、ETA社のムーブメントは40時間程度にとどまっています。 ブライトリングが自社製クロノグラフムーブメントB01と交換したチュードルMT5612ムーブメントは、ブライトリングのムーブメント問題を完全に解決しています。

 

ブライトリングの新しい自動巻きムーブメントB20は、チュードルから来たもので、チュードルMT5612ムーブメントのブライトリングバージョンです。

まずご紹介したいのは、ブライトリング版のMT5612ムーブメントと、オリジナルのチュードルのムーブメントとの違いです。

ブライトリングがチュードルMT5612ムーブメントを発表したとき、このムーブメントをB20ムーブメントと名付けました。 ブライトリングとチュードルという2つのブランドの位置づけに違いがあり、世間一般の価格からすると、ブライトリングの時計はチュードルより少し高いので、ブライトリングはチュードルとは違うムーブメントの扱いになります。 チューダーは時計の位置づけ上、価格をコントロールする必要があるため、ムーブメントにあまり装飾を施さないのです。 チュードル独自のムーブメントMT5612は、ロレックス同様、底面が緻密なものがほとんどなので(ノースフラッグは除く)、ムーブメントブリッジの装飾研磨が少なく、問題ない。 ブライトリングのSuperoceanもクローズドバックを採用していますが、ブライトリングはB20ムーブメント(ブライトリング版MT5612)に伝統的な装飾研磨を施したのです。 比較すると、ジュネーブストライプのブライトリングバージョンは、チュードルバージョンよりもかなり装飾が施されていることがわかります。 また、ブライトリング版のB20ムーブメントにはシリコンヘアスプリングが採用されていないことも注目すべき点です(チューダー独自のMT5612にはシリコンヘアスプリングが採用されています)。 そのため、ブライトリングは磁気に弱いと言われてきましたが、実際には、従来の粘土合金製のヘアスプリング自体が磁気にやや強いため(少量の鉄を含むが)、日常生活ではあまり差はありません。 ブライトリングは、時計の底が密閉されているにもかかわらず、チューダー版のムーブメントをそのまま使用するのではなく、良心的に良い仕上がりにしていることがわかります。 また、この新しいムーブメントの70時間のパワーにより、ブライトリングはもはやダイビングウォッチのムーブメント構成に欠点を感じさせません。 また、このムーブメントは従来通り、クロノメーター認定を受けています。

 

 

TUDOR MT5612(上)とBreitling B20(下)を少し比較すると、Breitlingのムーブメントには装飾的な艶があり、TUDORのムーブメントは地味に見えることがわかります。 また、チュードルのムーブメントには、シリコン製ヒゲゼンマイが採用されています。

チュードルの新ムーブメントを搭載したブライトリング・スーペルオーシャンは、42mmと46mmの2つのサイズがあります。 ブルー、ブラウン、ブラックの3種類を用意しています。 TUDORムーブメントを搭載した新しいSuperoceanは、厚さ14.35mmです。 チュードル・アクスハンド41mmサイズのケース厚14.8mmと比較すると、新型のスーパーオーシャンはむしろ薄くなっている。 ブライトリングが常に採用しているミラネーゼメタルチェーンを考えると、このSuperoceanは良い装着感を得られると予測できます。 この「スーパーオーシャン カルチャーダイバー」は、普段目にするブライトリングとは異なり、ツールウォッチでありながら「道具感」が少なく、ラグジュアリーな印象です。

 

 

新型ムーブメントB20(ブライトリング版チュードルMT5612ムーブメント)を搭載したブライトリングのSuperocean IIです。

 

ブライトリングと同じムーブメントを使用した、チュードルの新しいアックスハンド・ブラックベイ・ダイバーズウォッチです。

このように、今、ダイバーズウォッチが熱いのです。 注目度では、ロレックス・アクアタイマーが1位で、ブティックでは品切れが多く、流通市場ではより高価(時にはスチールケースのフィフティ・ファゾムスのレベルに達する)である。 アクアタイマーに次ぐ注目のダイバーズウォッチが「フィフティ ファゾムス」です。 少し高価ですが、ブランド価値と時計の構成が高いので、多くの方に購入されています。 新型ムーブメントB20を搭載したブライトリング・スーパーオーシャンの最大のアドバンテージは、やはり価格性能比にある。 ブライトリングは中国自体が比較的ニッチな存在なので、狼が多くて肉が少ないという状況にはならず、ブライトリングで投機する人もいないので、ブライトリングのダイビングウォッチは公開価格、流通価格ともに比較的低い位置にある傾向があります。 しかし、ブライトリングの時計そのものは、特に新しいムーブメントに交換された後の品質が高いのです。 少し前に、ブライトリング愛好家の友人が「今はみんなアクアタイマーやオフショアの時計に憶病だから、気に入った時計を安く手に入れることができる」と「大真面目に」言ってました。 とても感動しました。

リヒャルト・ランゲ&ゾーネ「180.032」納品開始

リヒャルト・ランゲ&ゾーネ「180.032」納品開始

先日、北京のSKPランゲ&ゾーネのブティックに、大きな牛の時計があると聞き、ワクワクした気持ちで訪れました。 ドイツのバウハウス様式に溢れたシンプルで雰囲気のあるショップスタイルの下には、2014年にジュネーブのサロンで発表されたこのハイエンドなグランドコンプリケーション時計、ランゲ&ゾーネ リチャード・ランゲ コレクション 180.032がありました。 柔らかな光に照らされた18Kピンクゴールドは、動きのある充実した光沢を放ち、複雑なソリッドシルバーの文字盤とともに、機械とデザインのセンスを存分に表現しています。 このグランドコンプリケーションウォッチは、今年からデリバリーが開始されると言われています。 ほら、一緒に見てみましょう!

 

 

この時計は、1807年にヨハン・ハインリッヒ・ザイフェルトによって製作された標準針懐中時計に着想を得ており、現在はドレスデンの有名なツヴィンガー宮殿にある数学物理学サロンに保管されています。 精度、革新性、デザインの美しさなど、ブランドが設定した多くの基準を満たし、精密時計の分野におけるランゲのもう一つの傑作と言えるでしょう。 細部に至るまで、ブランド独自の精緻なレイアウトと、ドイツ・グラスヒュッテの時計製造技術の粋を集めた時計であることがわかります。

 

18Kピンクゴールド製の繊細なラグとリュウズ

特別な超薄型時計を除けば、ランゲ&ゾーネの時計は一般的にがっしりとしていて落ち着きがあると感じますが、この時計も例外ではありません。 直径45.5mm、幅16.5mmの18Kピンクゴールド製ケースだけでも、その素材と複雑さの全容を感じ取ることができるだろう。 また、時計全体をブランドで丁寧に磨き上げることで、優れた質感を実現し、手にしたときの指の感触も優しく繊細なものとなっています。 ラグの完璧な湾曲により、手首にぴったりとフィットします。 リューズに滑り止めのテクスチャーを採用し、時計の取り扱いを容易にしました。

 

文字盤だけでなく、裏蓋も魅力的で、メカニカルな遊び心に溢れています。 機能としては、曜日表示、月表示、大型カレンダー、永久カレンダー、14日間パワーリザーブ表示、時計下部にはグローバルムーンフェイズ表示を搭載しています。 撮影当時、私はこの時計の巧みなレイアウトとユニークなディテールに魅了され、遊びながら、この類まれな機械式時計の新鮮さを味わいました。

 

裏蓋に18Kホワイトゴールドのディスクを配したムーンフェイズ表示の構造は、この特別なタイムピースの魅力をさらに高めています。 文字盤上の機能を見るのに飽きたら、時計を外して、裏面が透明なサファイアガラスのカバー越しに自社製ムーブメントL096.1を見ることができます。

 

結論:貴金属と多くの複雑機構、両面ボックスなどが、この決して薄くはない時計の厚みを決めている。しかし、美学と職人技という点では、間違いなく一流の時計であり、ドイツ時計独特のスタイルで新たな波を作り出している。 貴金属や複雑な美学がお好きな方は、北京SKPのランゲ&ゾーネブティックで、その輝きを堪能されてはいかがでしょうか。

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

傑作コレクション「ロレアート」史上初となるグレード5チタンの腕時計を発表
2024/05/09 11:06
傑作コレクション「ロレアート」史上初となるグレード5チタンの腕時計を発表
2024/05/09 11:05
ROLEX ロレックス サブマリーナー デイト 41 126610LN
2024/01/12 11:11
ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660 ブラック
2023/12/11 11:36
2023新作 スポーティなライフスタイルに寄り添うタイムピース。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スポーツ」
2023/10/31 11:32
シャネルウォッチ
2023/09/04 09:43
パネライが「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チームとのコラボによる新作ルミノールを4本発表。「PRADA」の文字は入らずとも赤いラインが再現される
2023/08/14 09:35
オメガが「シーマスター誕生75周年」を記念し7種11モデルで構成される「サマーブルー」を発表。各腕時計とも専用デザインのブルーグラデ文字盤やハンズを装備
2023/07/15 09:37
ボクが大好きなベル&ロスから新作腕時計が5本登場。ベル&ロスらしい実用時計から掟破りの角型ダイバー、スーツにもマッチするBR 05まで
2023/07/01 11:02
スウォッチとオメガ・スピードマスターとのコラボ腕時計「ムーンスウォッチ」ミッション・オン・アースを購入!地球らしさをイメージしたグリーンとブルー
2023/05/19 09:50

新着コメント

Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/19 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/16 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/15 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/15 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/14 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/13 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/13 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/13 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/10 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/08 from 承認待ち