エントリー

タグ「G-SHOCKスーパーコピー」の検索結果は以下のとおりです。

G-SHOCKスーパーコピー 2019年バーゼルモデル 『MTG-B1000RB-1AJR』

MT-Gからもバーゼルモデルが出てきました。
MT-G20周年限定モデルとなります。コンセプトは虹です。

20190323105858.jpg

G-SHOCK
MTG-B1000RB-1AJR
価格:115,000円(税抜)
備考:Bluetooth対応電波ソーラー対応、レインバーIPベゼルセイコースーパーコピー

20190323105859.jpg

ベースモデルはMTG-B1000シリーズです。昨年に登場したダウンサイジングされたモデルです。

20190323105900.jpg

何とも妖艶な雰囲気を出したベゼルですね。1本1本ベゼルのレインボー模様が違うのが特徴です。本数の公開はございませんが、期間限定生産になるので発売したら一先ず店頭で見るのが良いですね。発売は5月17日(金)となります。

https://www.casio-watches.com/basel/ja/

新たなことにチャレンジする人に向けて作られた特別なG-SHOCKスーパーコピー

新たなことにチャレンジする人に向けて作られた特別なG-SHOCK

日本人なら言わずと知れたタフネスウオッチ、G-SHOCK。耐衝撃性能×20気圧防水を標準仕様とし、ハードユーズに耐える腕時計の筆頭ですね。この世界に誇れるブランドから、毎年、新たなことにチャレンジする人に向けた特別バージョンが出ていることをご存知でしょうか。それが、「ファイアー・パッケージ」です。
2月に発売された2019年バージョンは、「春の訪れを感じさせるグリーンをテーマカラーとし、新たなフィールドに立ち向かう希望に満ちた心境を表現した」とのこと。アナデジの定番AWG-M100Sと、デジタル表示のGW-2310をベースにした2本から選べます。少し前にはカジュアルウオッチの代名詞となっていたG-SHOCKも、働き方が多様化したいまではすっかりビジネスシーンでの愛用者が増えました。もしそれでも樹脂ケースやデジタル表示に抵抗感がある人は、少し予算を上げてフルアナログ×メタルケースのG-STEELやMT-G、もしくは下記にあるオシアナスなどを狙ってみてはいかがでしょう。

20190318155757.jpg

AWG-M100SF-1A3JR」2万5000円(税抜) 電波ソーラー、樹脂ケース、縦52.0×横46.4mm/厚さ14.9mm、20気圧防水

20190318155758.jpg

GW-2320SF-1B3JR」2万1000円 電波ソーラー、樹脂ケース、縦52.5×横46.4mm/厚さ15.6mm、20気圧防水


スマートフォンリンクも便利な先進レーシングウオッチ
エディフィスは、2016年から人気F1チームのスクーデリア・トロ・ロッソとパートナーシップを結んでおり、海外でも知られたブランドです。最大の特徴は、メタル外装とアナログ表示。最新作となるECB-900シリーズにも、もちろん踏襲されています。ベゼルに記されているのはストップウオッチ計測との組み合わせでおおよその平均時速が算出できるタキメータースケール。レーシングウオッチを出自とする腕時計に見られるデザインです。時間計測は1/1000秒単位で行え、それらのデータをスマートフォンの専用アプリEDIFICE Connectedに記録することができます。Bluetooth(R)搭載ですがソーラー駆動という点も嬉しいところ。スマホと繋げれば、時計の表示を世界300都市の現在時刻にすぐ切り替えられるほか、現在地の正確な時刻に自動修正もしてくれます。何より、「モータースポーツ」という世界観が明確なので、この時計を着けるだけで趣味の近い人が見つかりやすいというメリットがあります。

20190318155759.jpg

右「EQB-900D-1AJF」4万円(税抜)、左「EQB-900DB-2AJF」4万3000円(税抜) Bluetooth(R)ソーラー、縦49.2×横45.8/厚さ12mm、10気圧防水

“Elegance, Technology”をテーマに掲げる上質ブランドのシンプルウオッチ
オシアナスは、ヨーロピアンスタイルのスポーツウオッチを想起させるエレガントなデザインが魅力。そのエッセンスを楽しめるのが、3針仕様のデイトアナログウオッチです。見た目こそシンプルですが、実際はソーラー電波に世界29都市対応のワールドタイム機能も備えています。薄型ウオッチの基準となる10mmに厚みを抑えたケースはチタン製で、熟練職人が手がける「ザラツ研磨」による仕上げ。バックルに最長5mmの延伸が可能なスライドアジャスト機構があるので、1日、あるいは数年のうちに身体的な変化があっても変わらぬ着け心地で愛用できます。より多機能を求める人への上位モデルもオシアナスには豊富にあるので、検討してみてはいかがでしょう。

20190318155800.jpg

右「OCW-T150-1AJF」左「OCW-T150-2AJF」各6万8000円(税抜) 電波ソーラー、縦45.8×横41.3/厚さ10mm、10気圧防水

ロレックススーパーコピー
高性能、多機能を得意とするカシオは、G-SHOCKを筆頭にスポーツウオッチが好きな人にお薦めしたいモデルが数多くあります。エレガントさを求めるならオシアナスですし、アクティブな人にはエディフィスが似合うことでしょう。スペックについてはどこよりも最先端なので、豊富なバリエーションから好みの一本を見つけてくださいね。

https://g-shock.jp/

G-SHOCKスーパーコピー金無垢モデルがついに製品化

20190307110245.jpg

「G-SHOCK FAN FESTA SHIBUYA 2018」でステージに登場した伊部菊雄さん。この日は、G-SHOCKの歴史解説や「PUFFY&OKAMOTO’S」のジョイントライブ、注目のバンド「アレクサンドロス」のライブや空手世界チャンピオンの演舞、柳家花緑師匠によるG-SHOCK開発秘話落語なども披露された。

時計ブランドがジャーナリストの僕たちに、発売前に試作品を見せてくれることは、20年を超える経験でもほとんどない。でも2015年3月のバーゼルワールドのあるブースで、ある人からひとつの試作品を見せられた。

 あるブースとはカシオのブースで、ある人とは“G-SHOCKの生みの親”である伊部菊雄さん。そして見せられた試作品は、初代G-SHOCK「DW5000」シリーズ(DW5600)の金無垢バージョンだった。

 それから約3年9カ月が経った2018年12月13日の木曜日、渋谷で開催されたG-SHOCK 35周年を記念したイベント「G-SHOCK FAN FESTA SHIBUYA 2018」のステージに伊部さんが登場。2015年のあの金無垢のG-SHOCKを35本限定で製品化、発売することを発表した。そして、その場でその落下試験、耐衝撃試験の動画を上映した。新構造によって金無垢ケースでもG-SHOCKが掲げる“ABSOLUTE TOUGHNESS(アブソリュート・タフネス)”が実現できたのだという。なお、価格等は2月中にも発表される予定だ。

スクリーンに映し出された金無垢モデルを見て、2015年に試作品を見た時のことを明に思い出した。あの時、即座に「これは凄い!」「売らないんですか」と思わず口にしたこと。金無垢ならではの圧倒的な存在感に衝撃を受けたことを。

 しかしその時、伊部さんは「見せた人がみなそうおっしゃるので、驚いています。でもこの試作品には耐衝撃性はありません。製品化のためには、社内テストをクリアしなければ売れません。これは、これまでのご褒美に、遊びで作ることを許されたものなんです」と語っていた。

 G-SHOCK の35周年を記念してわずか35本の限定発売だが、今改めてひしひしと感じるのは、G-SHOCKのオリジナリティーの偉大さである。中でもこの初代DW5000シリーズのデザイン、スタイルの独創性だ。
 日本製ウォッチの機能性や品質、コストパフォーマンスの高さは、世界の誰もが認めるもの。でも、ここまで独創的なものは、日本の時計作り百数十年の歴史でも他にない。

20190307110246.jpg

 1983年に誕生したG-SHOCKは、電池交換式からタフソーラー&電波&スマートフォンリンクへと劇的に進化を遂げた。そしてこの先も、「G-SHOCK伝説」は進化しながらさらに輝きを増すだろう。世界を驚かせた金無垢モデルという新たなページを加えて。

35本限定で発売予定のDW5600の金無垢モデル(ゴールド製ケース&ブレスレット。ただし最終仕様ではない)。価格と販売方法は2019年2月中に発表される予定。外観は、筆者が2015年のバーゼルワールドで見せてもらった試作品とほぼ同じようだ。なお、DW-5600C-1Vは映画『スピード』(1994年)で主演のキアヌ・リーブスが着用したことで世界的に有名になった。https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

金無垢のG-SHOCKスーパーコピー G-D5000-9JR【35周年記念モデル】

20190301095640.png

金無垢のG-SHOCK G-D5000-9JR【35周年記念モデル】
元々金無垢のG-SHOCKは、2015年のスイスのバーゼルで開催された世界最大の時計見本市であるバーゼルワールドでコンセプトモデルとして発表されたものでした。

「タフネスの究極を追求するG-SHOCK」×「究極の素材」という夢へ挑み生まれたのが、金無垢を纏ったG-SHOCK。

G-SHOCKの生みの親である伊部菊雄氏が開発に携わり、2015年のコンセプトモデルは、DW-5000 IBE SPECIAL(DW-5000 イベスペシャル)と呼ばれていました。

伊部氏のカジュアルシーンにもビジネスシーンにも合うフルメタルのG-SHOCKを作りたいという強い思いから開発が開始されたそうです。

当時販売の要望も多かったようですが、実現に至りませんでした。

その後、Casio Dream Project(カシオ ドリーム プロジェクト)という名の下、実用化に向けて開発を進めていたものが遂に販売されることとなったということです。
こちらが2019年に登場し実際に販売されることとなるG-SHOCK G-D5000-9JRです。

ちなみに公式発表でこの写真が最終版ではないとありましたので一部変更になる箇所があるかもしれません。

G-SHOCKの原点であるスクエアケースを採用したものです。2018年に販売されたGMW-B5000GD-9JFと見た目はそれほど大きく変わりはありません。

ですが、このG-SHOCK G-D5000-9JRはケース素材に金を採用されています。

ケース、ベゼル、バンドはもちろんのことビスにいたるまですべてに金が使われており、その重量はなんと300gになります。

ステンレスのG-SHOCK GMW-B5000GD-9JFは、167gでしたからおよそ1.8倍の重量ということになります。

そのお値段はなんと770万円です。

20190301095645.png

電波受信機能により、世界6局(日本 福島局 / 九州局、アメリカ、イギリス、ドイツ、中国)の標準電波に対応するエリアでは時刻の自動修正が行われます。

また、カシオ独自のソーラー充電システムであるタフソーラーにより約10ヵ月間駆動し続けます。パワーセービング状態の場合は、約22ヵ月です。

ワールドタイム機能により世界38都市の時刻表示やLEDバックライトなど現代G-SHOCKお馴染みの機能たちはもちろん搭載されています。

  • 1

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー