エントリー

カテゴリー「スーパーコピー時計」の検索結果は以下のとおりです。

ROLEX ロレックス サブマリーナー デイト 41 126610LN

ROLEX ロレックス サブマリーナー デイト 41 126610LN

ダイバーズウォッチの代表といっても過言ではない、「ROLEX サブマリーナ」。
日付の有無や素材、カラーリングのバリエーションの選択肢も多く、1953年の登場以降、長年人気を誇るシリーズです。

なかでも黒文字盤×黒ベゼルの日付有、「サブマリーナ デイト」は定番でありながら今回のテーマの最適解とも言える1本ではないでしょうか。
ここからはその根拠と言える解釈をいくつかご紹介いたします。

1.腕時計の天敵をものともしない堅牢性

腕時計の3大天敵と言われている「水、衝撃、磁気」。
ダイバーズウォッチ故に、水に対しては300m防水という圧倒的な安心感があり、日常生活だけでなくレジャーにも気兼ねなく使用できることはご存じの事と思います。

それだけでなく、ダイバーズウォッチの機能面として、元々はダイビングという職業で作業をすることを前提に考えられた腕時計の為、ぶつけてしまった際の衝撃や様々な計器から発せられる磁気に対しても耐えうる堅牢性を持っています。
腕時計の天敵に対して初めから耐性を持って作られたダイバーズウォッチだからこそ、如何なるシチュエーションにおいても安心してご利用いただけるのです。

2.いつの時代にもマッチするデザイン性

サブマリーナは登場以来細かな部分の仕様変更はあれど、基本的なデザインは大きく変わっていません。
一見すると古臭いデザインなのでは?と思われるかもしれませんが、ダイバーのために実用性を最優先にデザインされたが故に、無駄がなく飽きの来ない仕上がりとなっています。

どのようなファッションとあわせても違和感がなく、使用する年数が重なるごとにカッコよさが増す時計と言えます。
腕時計の代名詞と言っても過言では無い認知度の高さも、このデザインが幅広い世代、年代に愛されている証ではないでしょうか。

3.オン、オフ共に高い満足感

上の項でも述べましたが、どのようなファッションでも合わせられるため、スーツなどのオンスタイルでもカッコよくご着用いただけます。
スーツにはレザー3針のドレスウォッチ。というのもトラディショナルで素敵ですが、映画007にてタキシードにサブマリーナというコーディネートが披露されて以降、世界的に見ても多くのビジネスシーンで許容される定番の1本となっています。

特にサブマリーナにおいては、ケース径こそ41㎜と比較的大きめではありますが、厚さは約12㎜とスポーツモデルとしては薄めに抑えられており、スーツやシャツの袖口にも収まりやすくなっています。


デザイン、機能面共に幅広い汎用性をもつ「ROLEX サブマリーナーデイト」。
日付無しのノンデイトという選択肢もございますが、あると思いのほか重宝するのがデイト機能であることを踏まえると、サブマリーナデイトこそ唯一の1本にふさわしいのではないでしょうか。

ぜひこの機会にご検討ください。

▼ 今回ご紹介した腕時計はこちら

ROLEX ロレックス サブマリーナー デイト 41 126610LN

■ その他の、ROLEX サブマリーナはこちら

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお過ごしください。

 

 

 

ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660 ブラック

ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660 ブラック

「ディープシー126660」は、ロレックスのダイバーズウォッチコレクションでも上位にあたるモデルであり、300m防水の「サブマリーナー126610LN」、1220m防水の「シードゥエラー126600」を遥かに凌ぐ3900mという驚異的な防水性を実現しています。

「ダイバーズウォッチ最上位モデル」の座は、2022年に発売された「ディープシー チャレンジ 126067」に譲ったものの、ヘリウムエスケープバルブをもつプロフェッショナル仕様の本格ダイバーズウォッチとして、高い信頼性を誇る1本です。

ヘリウムエスケープバルブはその名の通り、「飽和潜水の際に時計内部に侵入する、ヘリウムガスを排出するバルブ」です。

なぜ時計内部にヘリウムガスが侵入するのか、という点は、飽和潜水の仕組みが関係しています。

深海へのダイビングは非常に危険な行為であり、急潜水は高圧神経症候群、急浮上は減圧症などを引き起こすため、深海で安全に長時間作業するためには「飽和潜水」を行うことが不可欠です。

飽和潜水は、気圧を調整できる「再圧タンク」と呼ばれる居住可能なほど大きなタンクを使用します。

再圧タンク内でヘリウム混合ガスを使用し、ゆっくりと人体に加圧や減圧を行うことで、より安全に100mを超えるような深海への潜水を可能にしています。

潜水前の加圧時にはダイバーズウォッチ内部にもヘリウム混合ガスが侵入し、潜水後の減圧時には時計内部からヘリウム混合ガスが抜けていきます。

通常の腕時計は、減圧時の気圧差により風防が外れるといった問題が発生してしまいますが、ヘリウムエスケープバルブによって時計内部に入り込んだヘリウム混合ガスを逃すことで時計の破損を防いでいるのです。

日常生活で使用することはない機能ではありますが、プロフェッショナル用のディテールはメーカーの技術力の見せ所ですし、こういったストーリーが時計をより愛着のあるものにしてくれるのではないでしょうか。

「ディープシー126660」はその大きさからか、上位モデルで定価も高額にも関わらず中古市場では「サブマリーナー126610LN」や「シードゥエラー126600」よりも安価に購入が可能です。(2023年7月現在)

確かにスーツスタイルに着用するには少し大きな腕時計ですが、より高性能なモデルをより安価の購入できるというのは大変魅力的で、「サブマリーナー126610LN」や「シードゥエラー126600」を検討している方も一考の余地があるモデルではないでしょうか。

 

 

▼ 今回ご紹介した腕時計はこちら

ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660 ブラック

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお過ごしください。

 

 

 

 

 

シャネルウォッチ

シャネルは、メゾンのアイコンウォッチである「プルミエール」の世界観を体験できるポップアップイベント「シャネル プルミエール ファンフェア」を、伊勢丹新宿店 本館1階のザ・ステージにて開催する。期間は2023年8月30日(水)から9月5日(火)までである。

 

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-6.html シャネル スーパーコピー

 

伊勢丹新宿店にてシャネル「プルミエール」のポップアップイベント開催

 プルミエールは、1987年にシャネル初の腕時計として誕生したコレクションである。”重要な位置にあること”の意味を込めて命名されていることからも分かる通り、シャネルにとって不可欠な存在だ。

 そんなプルミエールの特徴は、八角形のケースデザインである。このケースはアイコンである香水の「シャネル N°5」のボトルストッパーと、ヴァンドーム広場の形を模したものだ。

 

シャネル「プルミエール オリジナル エディション」
クォーツ。SS+18KYG PVDケース(縦26.1mm、横20mm、厚さ7.6mm)。30m防水。

 期間限定で開催される今回のイベントでは、プルミエールの世界観をいくつかのアクティビティを通して体感し、楽しみ、試着可能なテーマパーク(ファンフェア)として企画されている。このイベントに合わせて、初代プルミエールの復刻モデルとなる「プルミエール オリジナル エディション」をはじめとした各種ラインナップが取り揃えられるため、プルミエールの世界観に浸りながら自分に合ったモデルを選ぶことができる機会になるだろう。

 会場では、プルミエール スピークスのアクティビティの他、トライオン(試着)のコーナーや、バルーンやトロリー等、テーマパークのような空間の中でSNSにてシェアしたくなるような体験が提供される予定だ。

 

パネライが「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チームとのコラボによる新作ルミノールを4本発表。「PRADA」の文字は入らずとも赤いラインが再現される

 

スーパーコピー 代引き専門店

 

一方で市場の評価が追いつかないところがちょっと辛い

さて、パネライがアメリカズカップを戦うイタリアの「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チームとのコラボレーションモデル4本を新しく発売。

パネライはこのルナ・ロッサ プラダ ピレリのオフィシャルパートナーを努めており、新作4本ともにチームカラーを反映したデザインを持っていますが、残念なことに(おそらくは権利の関係で)「PRADA」の文字が入っておらず、そこはちょっと残念なところです(ただしプラダを連想させる赤いラインがストラップに用いられている)。

ここでそれぞれの仕様を見てみましょう。

ルミノール ドゥエ ルナ・ロッサ PAM01381(1,035,100円)

こちらはポリッシュ仕上げのステンレススティールケース(42ミリ)にマットホワイトのサンドイッチ文字盤を組み合わせており、ベルトはラバーとテキスタイルの「バイマテリアル」。

ストラップの6時方向にはプラダっぽいレッドのラインに「RUNA ROSSA」の文字が入ります。

搭載されるムーブメントは「P.900(自動巻き)」、パワーリザーブは三日間。

ルミノール クロノ カーボテック ルナ・ロッサ エクスペリエンス PAM01519(6,644,000円)。

こちらはパネライ独自のカーボン素材「カーボテック」を44ミリケースに使用したクロノグラフで、文字盤はネイビーのサンブラッシュ仕上げ、そしてカーボンにあわせたグレーのスモールダイヤルを持っています。

ベルトはネイビーにレッドライン、ケースバックはチタン、搭載されるムーブメントはP.9200キャリバー(パワーリザーブは42時間)、クロノグラフ針の先端はストラップに合わせた「レッド」。

ブラバスとのコラボモデルよりも高価な価格設定にはちょっと「びっくり」ですね。

ルミノール クアランタ ルナ・ロッサ Bitempo PAM01404(1,280,400円)

こちらは使いやすい40ミリのステンレススティールケース(ポリッシュ仕上げ)を持つモデル。

ムーブメントはキャリバーP.900/GMT、パワーリザーブは3日間、そしてGMT針の先端はレッド。

使いやすい40ミリということで一番人気となるかもしれません。

ルミノール ドゥエ ルナ・ロッサ PAM01378(966,900円)

こちらは38ミリのステンレススティールケース、そしてホワイト文字盤にホワイトのカーフストラップを持つ1本。

キャリバーP.900を搭載しパワーリザーブは3日間を誇ります。

なお、ぼくはパネライの腕時計に対してけっこう魅力を感じているのですが、パネライの方はぼくに魅力を感じていないのか「実際に身につけると全く似合わない」ということが判明しています。

他の人が身につけているのを見るとけっこう似合っておりカッコいいと思うので「(パネライは)かなり人を選ぶ腕時計」ということになりそうですが(そしてぼくは選ばれなかった方である)、こういった理由もあって「2本目のパネライ」を購入するのには正直躊躇しています(サブマーシブルのカーボテックを欲しいと考えているが)。

IWCが2023年新作「インヂュニア・オートマティック 40」発表!

| インヂュニアはドイツ語のエンジニア(Ingenieur)の名が示すとおり、高い耐磁性能の保有をメインとして開発された腕時計 |

 

インヂュニア・オートマティック 40のパワーリザーブは驚愕の120時間

さて、ウォッチ・アンド・ワンダーにて各腕時計メーカーとも続々新作を公開していますが、IWCがリリースしたのが「インヂュニア・オートマティック 40」。

インヂュニア・オートマティック 40につき、特筆すべきは1976年に登場した、ジェラルド・ジェンタのデザインによる「インヂュニアSL」のデザインに回帰していることで、いくつかのブランドがそうであるように、IWCもまた過去の名作にそのモチーフを求め、それをブランディングに役立てているということになりそうですね。

なお、ジェラルド・ジェンタはIWCにてインヂュニアSLのほかダ・ヴィンチ、そしてオーデマ ピゲではロイヤルオーク、パテックフィリップではノーチラス、ブルガリではブルガリ・ブルガリ、そしてオクトのデザインを担当しており、いずれも(手掛けた作品が)そのブランドの代表的モデルとなっていることからその類まれなる才能を伺うことができるかと思います(八角形の多用や、存在感のあるベゼルデザインが同氏の持ち味である)。

インヂュニア・オートマティック 40はこんな腕時計

このインヂュニア・オートマティック40は文字通りの「40ミリ」ケースを持ち、厚さは10.7ミリという手頃なサイズ。

IWCいわく「人間工学、フィニッシュ、技術の点で最高水準を持つ腕時計」とのことで、ケースとブレスレットは一体感のあるデザインを持ち、表面にはサテン加工が施され、ケース/ベゼル/リュウズガードのエッジとブレスレットの中央のコマにはポリッシュ加工。

なお、ベゼルには5つのビスが用いられ、これは「飾り」ではなく実際に機能するパーツです。

IWC (11)

 

ブレスレットはH型リンク、開閉方式はバタフライ・フォールディング・クラスプ。

IWC (1)

 

”インヂュニアの技術的な伝統を受け継ぐ”軟鉄製インナーケースによってムーブメントを時期から保護していますが、このインヂュニア(Ingenieur)とはドイツ語で技術者を指しており、インヂュニアそのものは「エンジニアが置かれる環境を考慮して」耐磁性を重視して開発されたというルーツを持っており、よって代々のモデルとも非常に高い耐磁性能を持っているわけですね。

なお、今回のインヂュニア・オートマティック40に搭載されるムーブメントはIWC自社製キャリバー32111、パワーリザーブは驚愕の120時間を誇ります。

IWC (5)

 

そこでバリエーションを見てみると、こちらはシルバー文字盤のIW328902(1,567,500円)。

IWC (6)

 

ブラック文字盤のIW328901(1,567,500円)。

IWC (3)

 

グリーン文字盤のIW328903(1,567,500円)。

なお、ロレックスは新型スカイドゥエラーにこういった「ブルーグリーン」文字盤を設定していますが、ここ最近人気であった「カーキっぽいグリーン」から、こういったエレガントなブルーグリーンへと流行がシフトするかもしれませんね。

IWC (4)

 

 

こちらはチタンモデルのIW328904(1,958,000円)。

いずれの文字盤もアップライトアワーマーカーを持ち、ルイ・ヴィトン「ダミエ」柄のように四角を組み合わせたパターンを持っています(よく見ると、短い線が組み合わせられている)。

IWC (2)

 

IWC インヂュニアはこういった変遷を辿ってきた

そこでこのインヂュニアについて過去を紐解いてみると、こちらは1955年登場の初代インヂュニア(Ref.666)。

IWC (12)

 

1967年にはスマートになったRef.866が登場。

IWC (9)

 

1976年にはジェラルド・ジェンタによるインヂュニアSLが誕生。

IWCにおける「初の」ラグジュアリースポーツウォッチと言っていいかもしれません(ジェラルド・ジェンタはステンレス製のラグジュアリースポーツウォッチを多数リリースしている)。

IWC (10)

 

1989年には耐磁性能を極限まで高めたインヂュニア 500,000A/M(当時、耐磁性能の世界記録を持っていた)。

IWC (8)

 

2005年にはぐっとシャープになったRef.3227が登場。

そしてその後に今回のインヂュニア・オートマティック40へと繋がります。

IWC (7)
 
https://www.aimaye.com/
https://www.aimaye.com/
https://www.aimaye.com/

夏のダイビングを活用する。 ダイバーズウォッチのすすめ。

夏のダイビングを活用する。 ダイバーズウォッチのすすめ。

今日は秋とはいえ、夏の暑さが続き、気温も最高値を更新しているので、ダイバーズウォッチをつけるには最適な季節ではないでしょうか? ダイバーズウォッチは、その無骨な外観やデザイン、実用的な機能から、時計市場において常に人気を博しています。

パネライ ルミノール PAM00915
モデル番号:PAM00915
直径:44mm
ムーブメント:P.5000
ケース素材:スチール
防水性能:300m
ウォッチレビュー:パネライは古くからイタリア海軍の精密機器として、海軍の軍事分野で豊富な経験を蓄積しており、ダイビングウォッチの製造においても疑いのない技術を持っています。 クッション型のデザインとリューズブリッジガードが特徴です。直径44mmのケースはスチール製で、より剛健な印象です。 ブラックの文字盤に夜光のアラビア数字とマーカーを配し、水中でもはっきりと時刻を表示することができます。 ブラックのカーフストラップと同色の文字盤を組み合わせ、シンプルでエレガントな印象に仕上げました。 裏蓋はバックライトで照らされ、時計を収めるムーブメントP.5000を見ることができます。 300m防水。

ブライトリング スーパーオーシャン カルチャー A13312161C1A1
型番:A13312161C1A1
直径:46mm
ケース厚:16.35mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:Cal.13
ケース素材:ステンレススチール、セラミック製逆回転防止ベゼル
防水性能:200m
コメント:ブライトリングは、実用性、機能性、多用途性を兼ね備えた時計作りを心がけています。 この「スーパーオーシャン カルチャー」は、毎時28,800振動、42時間のパワーリザーブ、スイス天文台のクロノメーター認定を受けたCal.13ムーブメントを搭載しています。 深みのあるガンメタルブルーの文字盤とシルバーのストラップは、高級感のあるカラーリングで印象的です。 文字盤の3時位置には日付表示窓、クロノグラフ、コンパス機能を搭載しています。 ケース、ブレスレット、クラスプはすべてステンレススチール製で、統一感のあるスタイルを実現しました。 リューズは回して締めることができ、二重のガスケットを装備しています。

カール F. ブヘラ ブラウハウス 00.10632.23.33.98
型番:00.10632.23.33.98
直径:44.6mm
ケース厚:13.45mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:CFB1950.1
ケース素材:スチール/セラミック
防水性能:500メートル
コメント:パラジウムディープダイブのデビルフィッシュ財団の188本限定モデルです。44.6mmのケースはブラックとシルバーの2色展開で、ブラックやシルバーの単色というつまらない印象を与えないようにしています。 ブラックの文字盤には2匹のデビルフィッシュが描かれ、ケースバックにはデビルフィッシュの刻印が施されるなど、他の時計との差別化を可能な限り図っています。 500m防水、自動ヘリウムエスケープバルブも装備し、完璧なダイビングを約束します。 ラバーストラップは快適性と耐久性に優れ、スチール製の調整可能なフォールディングクラスプが装着されています。

ラグジュアリーダイビング。 ロンジンよりも "個性 "がある

ラグジュアリーダイビング。 ロンジンよりも "個性 "がある

少し前に、比較的高価な時計についてお話ししましたが、今日はもっと「地に足の着いた」時計、オリスAQUISダイバーについてお話しすることにします。

オリス AQUIS ダイビングウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディション

中国では、オリスはニッチな時計とみなされています。 私が時計に出会った頃からオリスは国内にありましたが、主に時計マニアの間で流通していました。 この2年間でオリスは中国での知名度が上がり、特に昨年は王府井東方新天地(北京)にブティックをオープンし、小さな店舗ではないので、時計の購入や見学、販売などがより簡単にできるようになったのです。

 

オリス AQUIS ダイビングウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディション

オリスの位置づけは、ロンジンと似ていますね。 ロンジンは、国内で最も認知度の高い時計の一つであり、特にマスターピース、コンクエスト、フラッグ、カーリーなど、対照的に非常に人気が高いという利点があります。 だから、同じ価格帯で、個性的なものを身につけたいと考えている選手は、オリスを買うんです。

以前、オリスのグリーンフェイス65のレプリカダイビングウォッチを購入したことがあるのですが、その時思ったのは、オリスは1万を超える価格のダイビングウォッチの中でも非常に個性的であるということです。

 

オリスグリーンフェイス65レプリカダイバーズウォッチ

このオリスAQUISは、ブルーダイアルとエングレーブドケースバックを備えた「クリッパートンアイランド」限定モデルで、通常バージョンとは異なり、オリスのプロフェッショナルダイバーズウォッチとして、ロンジン コンクエストと同クラスのモデルとなっています。 このオリスのAQUISダイブウォッチを(友人から)手に入れたとき、私もAQUISダイブウォッチの多くの違いに気がつきました。

 

オリス AQUIS ダイバーズウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディション

オリス アクイス ダイビングウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディションは、スチール製ケースで43.5mmサイズ。43.5mmもダイブウォッチとしては通常のサイズレンジです。 ダイバーズウォッチ「AQUIS」は、比較的大きなサイズにもかかわらず、太く下向きにカーブした独特のラグにより、手首に非常によく "沿う "ようになっています。 オリスAQUISの特徴は、ケースに角度がついていて、外側に傾斜していることです。 また、大型のリューズガードとリューズが特徴です。

 

オリス AQUIS ダイバーズウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディション

セラミックベゼルを採用したオリスAQUISダイバーズウォッチ。 長年にわたり、オリスはブラック、ブルー、グリーン、ツートンカラーなど様々なカラーのセラミックベゼルも開発してきました。 この「クリッパートン アイランド」限定モデルは、ブラックのセラミックベゼルの数字をホワイトラッカーで塗りつぶしています。 1万円台のダイバーズウォッチという現在の構成に合致しています。

 

 

オリスAQUIS "Clipperton Island" リミテッドエディションは、美しいブルーのダイアルが特徴です。

オリス アクイス クリッパートン リミテッドエディションの最も特徴的な点は、ダイアルです。 グラデーションの効いた "エレクトリックブルー "の文字盤が特徴です。 ブルーの文字盤は、真ん中が明るく、外側が徐々に暗くなり、濃くなっていきます。 角度や光の加減で、文字盤がとても明るくなります。 オリス関係者によると、この特別なブルーダイヤルは、海の中で変化する色合いを視覚的に表現するためにデザインされたものだそうです。 オリス独自の剣型針と内側に傾斜したマルチファセットの立体的なアワーマーカーを採用し、両針とアワーマーカーに大きな発光部、秒針にルミナスドットを配しています。 カレンダー窓は6時位置にあり、時計の文字盤は非常に調和が取れています。 このブルーの文字盤は、手に取るととても美しいです。

 

 

オリス AQUIS ダイビングウォッチ "クリッパートン アイランド" リミテッドエディション、ダイアル詳細。

オリスは現在、一部の時計(フライトとカルチャー)を除き、大半の時計に自社製110/111シリーズ手巻き10日ムーブメントを使用し、共通のムーブメントを使用しています。 このオリスAQUISダイバーズアイランドクリッパートンリミテッドエディションは、オリス733自動巻きムーブメント、SW200ムーブメント(2824相当)を採用しています。 オリスバージョンのSW200ムーブメントは26個のジュエルベアリング、毎時28,800振動、38時間のパワーリザーブを備えています。 SW200/2824は、時計愛好家にとっては至って普通の汎用ムーブメントですが、汎用ムーブメントには利点もあります。 このアクイスのダイビングウォッチの場合、計時は非常に正確で安定しており、ムーブメントは堅牢で整備しやすく、価格も安いので、このダイビングウォッチを水中に持ち込んでも全く問題ありません。 オリスAQUIS "Clipperton Island" Limited Editionはケースバックがしっかりしていてシースルーではないので、ムーブメントSW200に問題があるわけではありません。 クリッパートン島」限定モデルのケースバックには、島のデザイン、緯度・経度位置が刻印されています。

 

 

オリスAQUIS限定モデル "Clipperton Island "は、ケースバックに "Clipperton Island "のモチーフと緯度・経度が刻まれています。

オリス アクイス ダイバーズウォッチには、スティールブレスレットとテープの2種類があります。 AQUISはフォールディングクラスプを採用しており、クラスプにはストラップの長さを微調整する機能が付いています。 アクエリアスやシーマスターと同様、クラスプの微調整はクラスプの内側にあります。 オリスAQUISでは、微調整はクラスプの外側にあります。 留め具の外側にはスライドがあり、留め具の左右にあるボタンを押しながらスライドさせることで、ストラップの長さを調節することができます。

 

オリスAQUIS "Clipperton Island" Limited Editionは、折りたたみ式のケースと長さの微調整が可能です。

市場で人気の高いオリスのダイブウォッチのひとつが、AQUISダイブウォッチと65レプリカダイブウォッチです。 ここで注意しなければならないのは、ヴィンテージスタイルと100m防水を備えた「65レプリカダイビングウォッチ」は、プロフェッショナルダイビングウォッチではないということです。 AQUISは300m防水のプロフェッショナルなオリスダイバーズウォッチなので、この点を見分けることが重要です。

 

オリス AQUIS ダイバーズウォッチ

 

オリス 65 レプリカダイビングウォッチ

オリスAQUISダイバーズウォッチ「クリッパートンアイランド」リミテッドエディションは、価格13,600円(テープ)、2,000本限定生産です。 オリスAQUISダイバーズウォッチの価格は、構成やバージョンによって異なりますが、一般的に13,000~15,000です(割引、為替レート、二次市場など、個々の状況によって異なります)。 オリス アクイス ダイバーズウォッチ "River, Lake and Sea"(海、川、湖を守るテーマ)の限定モデルは、特別カラーを中心に多数ありますが、実際には通常版と一般価格に差はありません。

 

オリス AQUIS ダイバーズウォッチ "ハンリバー" リミテッドエディション

 

オリス AQUIS ダイバーズウォッチ "バイカル湖" リミテッドエディション

公称価格が1万を超える高級ダイバーズウォッチの中で、最も主流で一般的な選択肢は間違いなくロンジン「コンクエスト」です。 一方、オリスは、プロフェッショナルなアクイスであれ、ヴィンテージの65であれ、よりニッチで個性的なチョイスが可能です。

"手作り、妥協しない" ファッションカウボーイ桃太郎×オリス

"手作り、妥協しない" ファッションカウボーイ桃太郎×オリス

日本のインディペンデントデニムブランドとして有名な「桃太郎」は、その名前とロゴを取得しています。 ファッション界では、桃太郎は「妥協しないハンドメイド」という職人気質で、デニム好きの人たちに愛されています。 そして今、オリスはデニムブランド "桃太郎 "とタッグを組み、65年前のレプリカダイビングウォッチを制作しました。 スタイリッシュでレトロな印象です。 以下、その時計を見てみましょう。 (時計型番:0173377074337-Set)

桃太郎ジーンズは精巧なクラフトマンシップで有名ですが、今回のオリスとのコラボレーションは、高い基準のクラフトマンシップに基づき、一見関係のない二つのブランドが協力して、高い品質とユニークで魅力的なデザインを追求していると勝間田は考えています。

今回発売する『65 Diver's Edition』共同開発モデルは、強靭で傷つきにくいステンレススチールケースを採用し、一般の方の手首に合わせた直径40mmに設定しています。

ステンレススチールの時計には、ヴィンテージ感のあるブロンズベゼルを採用し、時間の経過とともに酸化して独特の色と質感になり、現代的な印象を与えます。

サイドのステンレススチール製リューズの周囲には滑り止めのテクスチャーデザインが施され、上部にはオリスのロゴが刻まれています。

爽やかでシックなグリーンの文字盤

12時位置にブランドロゴを配置

65ダイバーズ・エディション」は、視認性の高いグリーンの文字盤に、針と丸いインデックスには蓄光性のあるライトラジウム・グレーを採用し、この2色が互いに引き立て合い、若い腕にふさわしいモダンでトレンディなタイムピースとして生まれ変わりました。

今回の共同デザインでは、丈夫なインディゴデニムに、桃太郎のシグネチャーである「2本の棒」の白塗りラインを施した特別なストラップを制作しました。

底面は密閉されており、日付表示を行うオリス733ムーブメントが搭載されていますが、このジョイントモデルには日付窓がないため、時計メーカーはその違いに気を配る必要があります。 完全に巻き上げると、約38時間のパワーリザーブが得られます。

結論:「尉の二本棒」はトレンドセッターであるだけでなく、岡山一郎の品質の象徴でもあるのです。 美しいスタイルのオリスウォッチとの組み合わせは、両者の相性が抜群で、クオリティを求める若者にはぜひ手に取ってほしい。 この時計には、ストラップの他にデニムのトラベルケースが付属しています。

独自の美意識。 ユリス・ナルダンのファンタジー・コレクション。

独自の美意識。 ユリス・ナルダンのファンタジー・コレクション。

1846年に船舶用時計として創業したユリス・ナルダンは、品質と技術にこだわり、時計界に確固たる地位を築いてきました。「フリーク」コレクションは、さまざまな革新的技術と多彩なデザインを駆使して、ユリス・ナルダンならではの時計を生み出しています。 ここでは、ユリス・ナルダンの卓越したクラフツマンシップが発揮された「ユリス・ナルダン ファンタジー」FreakOut45MMをご紹介します。 (モデル:2053-132/03)

ユリス・ナルダンは、エナメル加工、ミニッツリピーター、気まぐれトゥールビヨン、比類なき天文三部作で有名ですが、この時計の特徴は、リューズ、文字盤、針がないことと、軸の周りを回転する棒状ムーブメントの「フライング・カルーセル」トゥールビヨンを搭載している点です。

この時計のケースには、硬くて軽く、耐食性に優れていることから時計への採用が進んでいるチタンとステンレスのコンビネーションが採用されています。 直径45mmとやや大きめですが、より頑丈でタフな時計に仕上がっています。

6時位置の小さなロック機構は、リュウズの機能に取って代わり、ベゼルのロックや解除、回転による時刻合わせを可能にします。

シルバーのチタンケースにオーシャンブルーの文字盤が映える、スマートでスタイリッシュな時計です。 その全体的なデザインは、「InnoVision2 Concept」ウォッチに見られる革新的な発明を応用したものです。 文字盤も針もない、破天荒なコンセプトは最後まで貫かれています。 時間を示すのは、軸を中心に回転するバー・ムーブメントで、常に回転しながら機械的な魅力を与えてくれます。 ゴールドのギアブリッジは、ダークブルーの背景と対照的で魅力的です。

ゴールドのステッチが施されたネイビーブルーのキャンバスストラップと、ゴールドカラーのギアブリッジが組み合わされています。 クラスプにはユリス・ナルダンのクラシックなロゴが刻まれ、高い認知度を誇っています。

この時計の主役はフロントですが、ケースバックも同様に繊細なデザインになっています。 ユリス・ナルダン社製手巻きキャリバーUN-205を搭載し、7日間のパワーリザーブが可能な香箱を備えています。 裏蓋には、海の形を模した深いブルーの水紋が、まるで腕の上に乗っているかのような気密性の高いケースバックを採用しています。

結論:航海をルーツとするユリス・ナルダンは、海洋の要素を時計に取り入れ、ブランドが常に追求してきた革新的な技術を加え、この素晴らしい時計を完成させました。 独自の品質を引き出すことで、大多数の時計とは一線を画し、ユニークであるという賞賛に値する。

アバンギャルドという言葉にふさわしい時計とは、どのようなものでしょうか。

アバンギャルドという言葉にふさわしい時計とは、どのようなものでしょうか。

伝統的な時計製造にアバンギャルドな要素を取り入れると、どのようになるのでしょうか。 1846年に生まれ、175年の深い歴史を持つユリス・ナルダンは、伝統的な時計製造技術を受け継ぎながら、現代の若い世代に適した時計を作るために、革新的な技術で躍進しています。 2020年に発売される「BLAST Skeleton Tourbillon」は、より強いインパクトとスポーティで若々しいスタイルを持ち、アバンギャルドなデザインと伝統的なコンプリケーションがぶつかり合い、独特の視覚効果を発揮しています。

 

時計番号:1723-400-03

火と氷の出会い

 

ユリス・ナルダンとコラボレーションしている探検家カーステン・ペーターは、カメラを片手に自然界の生き生きとした生命力を記録し、その生命力はユリス・ナルダン BLAST スケルトン トゥールビヨンに受け継がれています。 噴火する火山から凍てつく極地まで、熱い赤が青にフェードインしていく、時計に秘められた爆発力に驚かされました。

 

BLAST Skeleton Tourbillonは、ブラック、ローズゴールド、ブルー、ホワイト、そして2つのハイジュエリーモデルの計6モデルで発売されました。 今回はそのうちの1つ、「BLAST Skeleton Tourbillon Glacier Blue」をご紹介します。

 

(数字は塗り潰されています)

チタン製ミドルケースとブルーチタン製ベゼルはサテン仕上げで、面取りされたエッジはポリッシュでタッチアップされています。 また、ケースの側面には個別の番号が刻まれており、それぞれの時計がユニークなものとなっています。

 

片側のリューズには、ユリス・ナルダンのクラシックなロゴが刻まれています。

 

 

BLAST Skeleton Tourbillonのもう一つの特徴は、ステルス戦闘機のラインを模したラグで、ラグの三角形の部分はそれぞれ異なる研磨加工で区別されており、遊び心があってスポーティな雰囲気を醸し出していることです。

鼓動する心臓

 

今回、BLAST Skeleton Tourbillonは、最も有名なコンプリケーションの一つであるトゥールビヨンを搭載しています。 しかし、ユリス・ナルダンのトゥールビヨンがこれほどまでにパワフルなのは、ブランドが独自に開発したアンカー脱進機を応用しているからだ。 この機構の設計は非常に独創的で、ユリス・ナルダンは従来の脱進機フォークのシャフト、リミッターペグ、ダブルディスクなどの部品を排除し、2枚の極薄シリコンブレードから脱進機フォークを吊り下げる円形のシリコンケージを適用し、一方のリリースと他方のリリースの間でスムーズに曲げたり緩めたりする、この特別な設計を実現しました。 これにより、トゥールビヨン部の定期的な注油が不要になりました。

 

BLAST Skeleton Tourbillonは、「X」の新しい解釈で、ブルーの長方形の真鍮板のブリッジに、1段目はブルーの「X」ケージの形、2段目はより大きなグレーの「X」ケージを取り付けています。 "1層目 "は横長のブラッシュドレクタングルと "X"、"2層目 "はフロストの "X "の構造です。

 

ブルーの発光効果はかなりアバンギャルドです。

 

ストラップはラバーとアリゲーターの2種類の素材から選ぶことができ、ここではブルーのアリゲーターストラップが使用されています。

 

キャリバーUN-171をベースにした自動巻きムーブメントUN-172は、広範囲に渡ってスケルトナイズされ、わずか137個の部品で構成されており、表からも裏からもムーブメントの小さな部品が非常によく見えるようになっています。 このムーブメントは、3日間のパワーリザーブを備えています。


結論として、ブラスト・スケルトン・トゥールビヨンは、視覚的に印象的なフォルムと機械的な美しさが融合した新しい美学であり、光が繊細なメカニックを貫き、光と影がユリス・ナルダンだけに属する特別な美学と時計製造哲学を反映しているのです。 BLAST Skeleton Tourbillonは、アバンギャルドなファッションを好む若者の必需品です。

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

傑作コレクション「ロレアート」史上初となるグレード5チタンの腕時計を発表
2024/05/09 11:06
傑作コレクション「ロレアート」史上初となるグレード5チタンの腕時計を発表
2024/05/09 11:05
ROLEX ロレックス サブマリーナー デイト 41 126610LN
2024/01/12 11:11
ロレックス シードゥエラー ディープシー 126660 ブラック
2023/12/11 11:36
2023新作 スポーティなライフスタイルに寄り添うタイムピース。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スポーツ」
2023/10/31 11:32
シャネルウォッチ
2023/09/04 09:43
パネライが「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チームとのコラボによる新作ルミノールを4本発表。「PRADA」の文字は入らずとも赤いラインが再現される
2023/08/14 09:35
オメガが「シーマスター誕生75周年」を記念し7種11モデルで構成される「サマーブルー」を発表。各腕時計とも専用デザインのブルーグラデ文字盤やハンズを装備
2023/07/15 09:37
ボクが大好きなベル&ロスから新作腕時計が5本登場。ベル&ロスらしい実用時計から掟破りの角型ダイバー、スーツにもマッチするBR 05まで
2023/07/01 11:02
スウォッチとオメガ・スピードマスターとのコラボ腕時計「ムーンスウォッチ」ミッション・オン・アースを購入!地球らしさをイメージしたグリーンとブルー
2023/05/19 09:50

新着コメント

Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/19 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/16 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/15 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/15 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/14 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/13 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/05/13 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/13 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/10 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/05/08 from 承認待ち