エントリー

タグ「パテックフィリップスーパーコピー」の検索結果は以下のとおりです。

パテックフィリップスーパーコピー ノーチラス クロノグラフ 5980/1A-001

丸みを帯びた8角形のベゼル、船の舷窓からインスピレーションを得たケース、水平エンボス文字盤により、ノーチラスは1976年の誕生以来、カジュアル・エレガンスを体現しています。40年後の今日、ノーチラスは、ステンレススチール、ローズまたはホワイトゴールド仕様、またはこれらの組み合せによる、活動的なライフスタイルに適する多彩な紳士用、婦人用モデルを擁しています。

パテックフィリップ ノーチラス
画像は現行モデルのノーチラス(メンズモデル)のステンレス仕様です。
上からRef.5711/1A-001(ブルー、ホワイト)、プチコンプリケーションRef.5712/1A-001、アニュアルカレンダーRef.5726/1A-001(ブラック、ホワイト)、アニュアルカレンダーRef.5726A-001(ブラック、SS×レザー)、トラベルタイムRef.5990/1A-001となっています。
パテックフィリップといえばノーチラスと言えるくらい、世界中で圧倒的な支持を得ています。ラグジュアリースポーツモデルの頂点ともいえるコレクションではないでしょうか。
そこで今回は、生産終了モデルであるノーチラスクロノグラフRef.5980/1A-001のレビューをしていきたいと思います。

ノーチラス クロノグラフ Ref.5980/1A-001

20190308111204.jpg
【商品名】パテックフィリップ ノーチラス
【型番】5980/1A-001
【機械】自動巻
【素材】ステンレス
【カラー】ブルー
【ケースサイズ】40.5mm
【防水性】12気圧(120m)防水
【参考定価】5,205,600円
【備考】生産終了モデル
ノーチラス30周年を記念し、2006年に発表された完全自社製クロノグラフムーヴメントを搭載したパテック史上初のスポーツクロノグラフRef.5980/1A-001。めちゃくちゃカッコいいですね!
裏蓋はシースルーバックとなっており、自社製ムーブメント“Cal.CH28-520C”を堪能する事ができます。
6時位置にはサブダイアルが施されています。パッと見、"クロノグラフ?"と思うかもしれませんがノーチラスクロノグラフは60分積算計と12時間積算計が同軸に統合されており、スッキリとした見た目となっています。
サブダイアルのシルバーカラーの枠もいいアクセントになっていますね。
操作方法は一般的なクロノグラフと同じで、上の黄色のプッシュボタンがクロノグラフ(ストップウォッチ)のスタート、ストップで下の赤色のプッシュボタンがリセットボタンとなっています。
また、日付調整ボタンは左下のケースサイドにあり、付属のプッシュボタンで調整します。プッシュボタンがなくても爪楊枝などで代用できます。
リューズは一段引きでゼンマイの巻き上げ、二段引きで時刻調整となっています。リューズ操作で日付のクイックチェンジができたら便利なんですけどね。小さい黒いペンみたいなのがプッシュピンですね。中古品を購入する際は付属品が欠品している事もあるので注意が必要です。
薄いブレスレットでコマの幅も短い為、腕へのフィット感は抜群です。腕に吸い付くような装着感ですね。サテンとポリュッシュのバランスも抜群でステンレスとは思えない高級感があります。
3針モデルRef.5711との大きな違いとしてはケースの厚さが挙げられます。
クロノグラフRef.5980/1A-001はサブダイアルに2本、時針、分針、秒針と計5本の針が文字盤上にあるため、5711のケース厚8.3mmに比べて厚く、12.5mmとやや肉厚のケースとなっています。
腕に装着してみると意外にずしっとくる重さがあります。
エンボス加工されたネイビーカラーの文字盤はとにかく美しいですね。アクアノートも捨てがたいですが、どちらかで選ぶならやっぱりノーチラスでしょう。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-4.html

  • 1

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー