エントリー

独自の美意識。 ユリス・ナルダンのファンタジー・コレクション。

独自の美意識。 ユリス・ナルダンのファンタジー・コレクション。

1846年に船舶用時計として創業したユリス・ナルダンは、品質と技術にこだわり、時計界に確固たる地位を築いてきました。「フリーク」コレクションは、さまざまな革新的技術と多彩なデザインを駆使して、ユリス・ナルダンならではの時計を生み出しています。 ここでは、ユリス・ナルダンの卓越したクラフツマンシップが発揮された「ユリス・ナルダン ファンタジー」FreakOut45MMをご紹介します。 (モデル:2053-132/03)

ユリス・ナルダンは、エナメル加工、ミニッツリピーター、気まぐれトゥールビヨン、比類なき天文三部作で有名ですが、この時計の特徴は、リューズ、文字盤、針がないことと、軸の周りを回転する棒状ムーブメントの「フライング・カルーセル」トゥールビヨンを搭載している点です。

この時計のケースには、硬くて軽く、耐食性に優れていることから時計への採用が進んでいるチタンとステンレスのコンビネーションが採用されています。 直径45mmとやや大きめですが、より頑丈でタフな時計に仕上がっています。

6時位置の小さなロック機構は、リュウズの機能に取って代わり、ベゼルのロックや解除、回転による時刻合わせを可能にします。

シルバーのチタンケースにオーシャンブルーの文字盤が映える、スマートでスタイリッシュな時計です。 その全体的なデザインは、「InnoVision2 Concept」ウォッチに見られる革新的な発明を応用したものです。 文字盤も針もない、破天荒なコンセプトは最後まで貫かれています。 時間を示すのは、軸を中心に回転するバー・ムーブメントで、常に回転しながら機械的な魅力を与えてくれます。 ゴールドのギアブリッジは、ダークブルーの背景と対照的で魅力的です。

ゴールドのステッチが施されたネイビーブルーのキャンバスストラップと、ゴールドカラーのギアブリッジが組み合わされています。 クラスプにはユリス・ナルダンのクラシックなロゴが刻まれ、高い認知度を誇っています。

この時計の主役はフロントですが、ケースバックも同様に繊細なデザインになっています。 ユリス・ナルダン社製手巻きキャリバーUN-205を搭載し、7日間のパワーリザーブが可能な香箱を備えています。 裏蓋には、海の形を模した深いブルーの水紋が、まるで腕の上に乗っているかのような気密性の高いケースバックを採用しています。

結論:航海をルーツとするユリス・ナルダンは、海洋の要素を時計に取り入れ、ブランドが常に追求してきた革新的な技術を加え、この素晴らしい時計を完成させました。 独自の品質を引き出すことで、大多数の時計とは一線を画し、ユニークであるという賞賛に値する。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー