エントリー

"手作り、妥協しない" ファッションカウボーイ桃太郎×オリス

"手作り、妥協しない" ファッションカウボーイ桃太郎×オリス

日本のインディペンデントデニムブランドとして有名な「桃太郎」は、その名前とロゴを取得しています。 ファッション界では、桃太郎は「妥協しないハンドメイド」という職人気質で、デニム好きの人たちに愛されています。 そして今、オリスはデニムブランド "桃太郎 "とタッグを組み、65年前のレプリカダイビングウォッチを制作しました。 スタイリッシュでレトロな印象です。 以下、その時計を見てみましょう。 (時計型番:0173377074337-Set)

桃太郎ジーンズは精巧なクラフトマンシップで有名ですが、今回のオリスとのコラボレーションは、高い基準のクラフトマンシップに基づき、一見関係のない二つのブランドが協力して、高い品質とユニークで魅力的なデザインを追求していると勝間田は考えています。

今回発売する『65 Diver's Edition』共同開発モデルは、強靭で傷つきにくいステンレススチールケースを採用し、一般の方の手首に合わせた直径40mmに設定しています。

ステンレススチールの時計には、ヴィンテージ感のあるブロンズベゼルを採用し、時間の経過とともに酸化して独特の色と質感になり、現代的な印象を与えます。

サイドのステンレススチール製リューズの周囲には滑り止めのテクスチャーデザインが施され、上部にはオリスのロゴが刻まれています。

爽やかでシックなグリーンの文字盤

12時位置にブランドロゴを配置

65ダイバーズ・エディション」は、視認性の高いグリーンの文字盤に、針と丸いインデックスには蓄光性のあるライトラジウム・グレーを採用し、この2色が互いに引き立て合い、若い腕にふさわしいモダンでトレンディなタイムピースとして生まれ変わりました。

今回の共同デザインでは、丈夫なインディゴデニムに、桃太郎のシグネチャーである「2本の棒」の白塗りラインを施した特別なストラップを制作しました。

底面は密閉されており、日付表示を行うオリス733ムーブメントが搭載されていますが、このジョイントモデルには日付窓がないため、時計メーカーはその違いに気を配る必要があります。 完全に巻き上げると、約38時間のパワーリザーブが得られます。

結論:「尉の二本棒」はトレンドセッターであるだけでなく、岡山一郎の品質の象徴でもあるのです。 美しいスタイルのオリスウォッチとの組み合わせは、両者の相性が抜群で、クオリティを求める若者にはぜひ手に取ってほしい。 この時計には、ストラップの他にデニムのトラベルケースが付属しています。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー