エントリー

ボクが大好きなベル&ロスから新作腕時計が5本登場。ベル&ロスらしい実用時計から掟破りの角型ダイバー、スーツにもマッチするBR 05まで

ここまで際立ったアイコン性を持つ腕時計ブランドも他にないだろう

さて、ぼくの大好きな腕時計ブランド、ベル&ロスが新作腕時計をいくつか発表。

いずれもベル&ロスらしい個性的な仕上がりを持っており、ここでそれぞれを見てみたいと思いますが、その1つ目はこの「BR 05 GMTスカイブルー」。

BR 05はベル&ロスでは比較的新しいラインアップに属しており、同社特有の「四角い」ケースをアレンジしたドレッシーな仕上がりが特徴です。

カジュアルにもビジネスにも活用できると認識していますが、ラインアップ中では唯一「スーツに合う」シリーズかもしれませんね。

ベル&ロスは流行を意識

なお、ベル&ロスはダイバーズウォッチにおいても「スクエア」ケースを貫くという主義主張の強さを見せていますが、一方で流行を積極的に取り入れ、この「ケース一体型ブレスレット」、そして明るいブルーの文字盤もやはり流行を意識したものと思われます。

Bell-and-Ross (2)

 

このBR 05 GMTスカイブルーのケース径は41ミリ、ムーブメントはBR-CAL.325.、価格は715,000円。

 

そしてもうひとつ「BR 05」シリーズからリリースされたのが「BR 05 グリーン・ゴールド」。

その名の通りグリーンの文字盤(サンバースト)とゴールドのケースを持つという「流行を意識した」カラーリングとなっていますが、天面と側面はブラシ仕上げ、斜めにカットされた部分はポリッシュ仕上げを持っており、いずれも高い品質をもって仕上げられていることがわかります。

2 (1)

 

ストラップは二種類あり、グリーンのアリゲーター仕様(2,970,000円)、そしてゴールド(4,345,000円)。

2 (2)

 

「BR 03」からも新作腕時計が登場

そして「常識破り」の角型ダイバーズウォッチ、BR 03ダイバーからも新作が登場。

なお、ダイバーズウオッチというと「丸形」が当たり前となっていますが、それは「水圧を均等に分散できるから」。

一方、四角いケースだと、水圧がかかる部分とそうでない部分とに差が出ることになって設計が難しくなり、よって四角いケースを採用する理由は(普通に考えて)無いわけですね。

ただ、ベル&ロスの場合はそのアイデンティティを強調するため、あえて困難にチャレンジしてこの「四角い」ケースを採用しており、そこは高く評価をすべきであると考えています。

そして今回発表された新作BR 03のうち一本目がこの「BR 03-92 ダイバー・ホワイト・ブロンズ(638,000円)」。3 (3)

 

世界限定999本のみの生産となっており、ブロンズケースにホワイトダイヤルを持つことが特徴です(近年、いくつかの腕時計メーカーがブロンズケースを持つダイバーズウォッチを発売しているが、それはごく初期の潜水服をイメージしたものである)。

3 (2)

 

ケース素材は銅92%と錫8%、ストラップはブラウンのカーフレザーもしくはブラックラバー(両方が付属する)。

ケースバックには「昔の」潜水ヘルメットが表現されています。

3 (1)

 

そしてBR 03からの新作「二本目」がこのBR 03-93 GMTブルー(550,000円)。

こちらはダイバーズウォッチではなくGMTとなり、ケース素材はステンレススティール、ケース径は42ミリ。

文字盤はサンレイ仕上げのブルー、ベゼルはアルマイト仕上げのブルー/グレーを採用し、画像を見るだけでもケースのカット、ブラッシング、ポリッシュなど非常に高い品質を持っていることがわかりますね。

ストラップはブルーのカーフレザーもしくは(付属の)ヘビーデューティー仕様シンセティックファブリックのニ種類となります。

8 (2)

 

BR 03の最後の新作がこの「BR 03-92 パトルイユ・ド・フランス70周年(PATROUILLE DE FRANCE 70TH ANNIVERSARY) 」。

ベル&ロスは2021年からパトルイユ・ド・フランス(フランス空軍のアクロバットチーム)の公式パートナーとして活動していますが、パトルイユ・ド・フランスの70周年を記念して999本のみが限定販売(572,000円)されます。

8 (1)

 

ケース素材はセラミック、そして文字盤のブルーはパトルイユ・ド・フランスが使用するアルファジェットのカラーをイメージし、カーフレザーのエッジにはフレンチトリコローレ。

9 (2)

 

なお、ストラップはブルーのカーフレザー、そしてヘビーデューティー仕様シンセティックファブリック製(ブラック)の2種が付属します。

9 (1)

 

参考までに、ぼくがベル&ロスの腕時計を好んで身につける最大の理由はその排他性。

たとえば、一部の腕時計メーカーの製品は「文字盤のロゴを他ブランドのものへと入れ替えても違和感がなかったり、ロゴを外すとどのメーカーのものかわからない」ことがあるものの、ベル&ロスの腕時計は「たとえ、そのロゴを外したとしても、ベル&ロスの腕時計だとすぐにわかる」とも考えており、そのキャラクターの強さを気に入っているわけですね。

https://www.aimaye.com/

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ユーティリティ

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

新着コメント

Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/04/17 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/04/14 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/04/10 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/04/09 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/04/07 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/04/05 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/04/01 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2024/03/31 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/03/27 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2024/03/20 from 承認待ち