エントリー

ロレックススーパーコピー エクスプローラーⅡ 16570EX2の白文字盤を買った理由

20190413095016.jpg

ロレックス エクスプローラーIIの新品

白文字盤の探検家Ⅱです。
約10年前に時計に興味を持ちましたが、一番人気があるのはこのタイプです。
しかも価格も現在の中古市場の半分です。
しかもその時は現行のRef.2616570はまだ発表されていません。
現行のスポーツモデルの中では大人しく人気がないモデルです。
私が知っている人もほとんどマリナとデトナを買います。
もちろん、GサイズRef.16520を買ったExprouraⅡなども90万前後Gサイズには向かなかったRef.16520の記憶があります。
もちろん、今はその時のお菓子がありません。笑う。
持ち続けたら…。
そんなexprouraⅡの白は今、ロレックスファンから非常に注目されていると感じています。
資産としての価値と価格は後でします。まず実用性を見てください。
まずはサイズ感です。
今の腕時計業界の標準サイズといっても過言ではないです。
大きすぎて、大きすぎないと言っていますか?
ビジネスシーンですので、プライベートでは違和感を感じないサイズ感です。
次に機能面を見ます。
当たり前ですが、デートの表示はやはり便利です。
なくても大丈夫ですが、それでも便利な機能があればいいですよ。
防水性もロレックスのスポーツタイプなのでしっかり100 M防水を付けます。
100 M防水があれば、基本的に日常的に使うのは不便ではないです。
そして嬉しいGMT針を標準装備。
デートの高速交換ができなくなりましたが、2国は可能性を示しています。
海外に行かなくても、24時間針として使えるので、とても便利です。
このように見ると、実用性に優れた腕時計です。
次に価格を他のスポーツモデルと比較します。
みんなが一番好きな補助マリナです。
防水性300 Mのダイバーズ腕時計の代名詞です。
デート付きのRef.6610は中古品で、保証があれば70万後半~の相場です。
デートではないRef.1160は中古保証書付きのものになれば70万~今の相場です。
次はベジェ色鮮やかなGMTシリーズです。
保証書を持っているものが100万を超えるのは当然です。
個人的にはここまで価格が上がるとは思いませんでした。
値段が下がるような気がします。
さすが128万だけあって、GMT大家がほしい人がそんなに多くて、想像しにくいです。笑う。
これはもちろん私の主観ですので、価格が上がるかもしれません。
では、そんなロレックススポーツモデルが高くなる中エクササイズはどうやって見てみますか?
60万~保証書のあるモデルが出てきます。
他のモデルと比べて価格が上がっていないようです。
今は黒と白の価格差もほとんどありません。
むしろ白の方が少ないと思います。ロレックススーパーコピー

20190413095017.jpg
デテナの現行の白人気が出た時、ロレックスの流行色が白に傾いた。
Ref.16520の百貨店やRef.16400の白も以前より人気がありました。
文字盤の老化効果でじゃんけんの付加価値が付きやすいということもあると思いますが…。
そんな機能性と資産価値で総計して初めてのホワイト文字盤を使いやすいと思います。
来年のこの時期はもう少し相場が伸びると思います。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー