エントリー

2022年06月02日の記事は以下のとおりです。

スウォッチとオメガの共同開発「ムーン・スウォッチ」を徹底解剖

スウォッチとオメガの共同開発「ムーン・スウォッチ」を徹底解剖

スウォッチ X オメガ ムーンスウォッチ」は、世界的なセンセーションを巻き起こしています。

しかし、ここ北京では、3.24(木)から3.27(日)までの数日間、「不思議な現実」を体験し、安定した気分で過ごしています。 世界的な「火事」に比べれば、北京は静かなものだった。 まず、この数日間、北京で体験したことをお話しします。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch(ムーンウォッチ)」。

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」の発売を発表したのに続き、「MoonSwatch」を発表。

3月24日(木)、北京のスウォッチ旗艦店の店員からWeChatで「26日に普通に発売されるから、とにかく並んで買ってください」と言われました。 お一人様2個までの購入とさせていただきました。

3月25日(金)、スウォッチ旗艦店の店員がWeChatで、集客を防ぐために販売を一時的に停止したことを知らせた。

3月26日(土)、スウォッチ旗艦店の店員がWeChatを送信し、新しいオンライン抽選ポリシーを知らせた。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch(ムーンウォッチ)」。

北京では販売が中止されましたが、週末に王府井に散歩に行きました。 王府井のスウォッチ旗艦店では、入り口に誰もおらず、王府井歩行者天国のスウォッチ旗艦店の巨大看板も共同ブランドのMoonSwatchに代わっておらず、すべてがいつも通り平穏で、まるでスウォッチXオメガ共同ブランドのMoonSwatchは現れていないかのようでした。

東方新天地に駐車していると、オメガのフラッグシップショップがあり、共同ブランドのMoonSwatchが展示されていたので、オメガに行き、11個入りのボックスの実物を見てきました。

 

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」(上)とウォッチボックス(下)

共同ブランドのMoonSwatch、オメガなのか、スウォッチなのか?

スウォッチです。

まず、共同開発されたMoonSwatchはオメガでは販売されておらず、ディスプレイウォッチの横にはスウォッチのみで販売されていることが小さく書かれている。

第二に、共同開発されたMoonSwatchの広告イメージは、文字盤にオメガのロゴを配した美しいものですが、実際の時計の質感や品質は、通常のスウォッチの時計と同じで、全く関係がないものであることです。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「ムーン・スウォッチ」、ベジタブル・セラミック・ケース。
スウォッチ X オメガの共同ブランド、BIOCERAMIC植物性セラミックを使用したMoonSwatch。 スウォッチが以前から採用しているボタニカルセラミックは、ヒマシ油とセラミックを配合したものです。 ひまし油はプラスチックの原料として使われており、フィトセラミックスはプラスチックとセラミックを組み合わせたものだという意見もある。 いずれにせよ、植物性セラミックスと、時計に使われる時計用セラミックスは別物である。

 

スウォッチ×オメガの共同ブランド「MoonSwatch」ケースのディテール。

パネライやバンガードなどのオメガは、少なくとも46,000(バンガード セラミックケース マーク)のメトリック価格のセラミックケースのモデルで始まり、オメガのセラミックケースのスピードマスターは、最も低いメトリック価格の月のアポロ8、メトリック価格78300です。 Swatch植物セラミックはセラミックではない、と選手の間で論争がありますが、それは植物セラミックは、時計のセラミックではないことを確認しています。

 

オメガで最も安価なセラミックケースのスピードマスター「ダークサイド オブ ザ ムーン アポロ8号」の参考価格は78,300円です。

共同開発されたMoonSwatch、オメガのスピードマスターと最も似ているのはどこ?

このケースが一番似ていますね。

 

本物のオメガ スピードマスター(左)と、共同開発されたムーンスウォッチ(右)。

共同ブランドのMoonSwatchは、第4世代のスピードマスターのケース形状を使用しており、1861/3861マニュアルムーン・スピードマスターと同様に42mm、厚さ13.58mmであるため、オメガのスピードマスターに非常によく似ています。 オメガが1960年代後半から今日まで使用してきた第4世代のスピードマスターケース。 特徴としては、リューズ・クロノグラフ・プッシャー側にショルダーガードを設けた非対称ケース、ラグにねじれ角度をつけ、ポリッシュ仕上げ(スピードマスターはポリッシュ仕上げ、スウォッチの共同ブランドであるムーンスウォッチは非対称)にしていることです。

 

本物のオメガ スピードマスター(左)と、共同開発されたムーンスウォッチ(右)。

共同開発されたMoonSwatchは、第4世代のスピードマスターと同じスティック型の針を使用していますが、スウォッチらしいクォーツクロノグラフの文字盤で、6時位置にスモールセコンド、10時と2時位置にクロノグラフの文字盤があり、機械式時計と明確な区別がなされています。 また、共同開発した「MoonSwatch」は、アクリルガラスに小さなSをあしらったものを使用しています。

 

共同開発した「MoonSwatch」は、アクリルガラスで、ガラスの真ん中にSの文字が描かれています。

スウォッチ、オメガ、なぜ共同ブランドなのか?

スウォッチの視点:共同ブランドのMoonSwatchは、オメガの月面着陸用スピードマスターの歴史と名声を土台に、スウォッチを大きく後押しするものです。 プラスチック製の時計しか作らないというスウォッチのブランドイメージを変えることに貢献します。

 

共同ブランド「MoonSwatch

オメガの見解:共同ブランドのMoonSwatchとオメガ スピードマスターは非常によく似ていますが、共同ブランドのMoonSwatchは、結局のところ本物のオメガ スピードマスターではありません。 オメガは、共同ブランドのMoonSwatchによって、より多くの人々にスピードマスターを知ってもらい、いつの日か本物のオメガ・スピードマスターを購入してもらいたいと考えています。

 

電池カバーを背面に配置した共同開発モデル「MoonSwatch」は、異なる惑星をモチーフにしたデザインです。

オメガとの共同ブランドの後、スウォッチはスウォッチグループの他の時計でも同じことをするのではないかという憶測さえある。 スウォッチ・グループには、オメガのほかに、ブレゲ、ブランパン、ジャケ・ドロー、グラスヒュッテ・オリジナル、ロンジン、ラドー、ハミルトン、ミドー、ティソなど、多くの企業が名を連ねています。

 

共同開発したMoonSwatchは、ベルクロのストラップを採用しています。

スウォッチはかつてオメガを「救った」。そして今日、オメガはスウォッチの足を「引っ張っている」。

1970年代、日本のセイコーがクオーツ時計を普及させ始めると、クオーツ時計の低価格と精度は、スイスの機械式時計に大きな衝撃を与えた。 1977年から1983年にかけて、スイス時計の輸出は半減し、世界市場シェアは43%から15%に低下した。 スイス独自のクオーツ時計が開発されたものの、遅きに失していた。 スイスの有名な時計ブランド、ティソ、ロンジン、オメガが外国企業に買収される危機があった。

 

 

歴史的には、スウォッチの設計図面。

スイスのSMH社(現在のスウォッチ・グループの前身で、ティソ、ロンジン、オメガがSMH社に属していた時代)は、スイス時計産業を救うため、日本のクォーツ時計に対抗して、革新的な素材を使い、構造がシンプルで安価な時計、スウォッチ・ウォッチを開発することを決めたのです。 スウォッチという名前は、スイスの時計を意味するSwissWatchと、新素材であるプラスチックを組み合わせたものである。

 

 

 

共同開発した「MoonSwatch

スイスのSMH社は、ETA社のムーブメント工場からスタッフを引き抜き、研究開発チームを結成してスウォッチ・ウォッチを開発した。 スウォッチの時計は、ケースにプラスチックを使用し、ケースバックにはクオーツムーブメントの部品と電池を直接取り付けています。ケースとムーブメントは一体型で、従来の別体のムーブメントはなく、これによりムーブメントの部品点数が大幅に削減されました。 従来の時計のムーブメントには少なくとも91の部品がありますが、スウォッチには51しかありません。 スウォッチの時計が目指すのは、大量生産が容易なこと。 スウォッチは、文字盤の6時位置の真上に英語で「SWISS, Swiss」と表記し、一目でスイス時計であることがわかるようにしました。

 

 

 

共同開発した「MoonSwatch

1983年、スウォッチ腕時計の一般販売が開始された。 スウォッチはすぐにヒットしました。 スウォッチの時計は発売から21ヶ月で350万個も売れたという数字もある。 スウォッチ時計の成功は、スイス時計業界はもちろん、その親会社であるSMH(現在のスウォッチグループ)を救い、その後のスウォッチグループによるブレゲ、ブランパン、FPムーブメント工場、レマニアムーブメント工場などの買収を確実なものにしました。

  • 1

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグクラウド

ページ

  • ページが登録されていません。

新着エントリー

新着コメント

Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/06 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/06 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/05 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/04 from 承認待ち
Re:アクリヴィアスーパーコピーの新バリエーションブラック文字盤
2022/07/04 from 承認待ち
Re:ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・グランド・トラディション・ ミニッツリピーター・パーペチュアルを発表
2022/07/04 from 承認待ち